ホーム>新着情報>ミニカタログ:葉小鵬『珠玉の木彫芸術』
新着情報

ミニカタログ:葉小鵬『珠玉の木彫芸術』

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。この度は、中国木彫界を牽引してこられた名匠・葉小鵬先生の創作活動25周年を寿ぐ特別企画『葉小鵬 珠玉の木彫芸術』をお届けいたします。
 
 中国国家級工芸美術大師―。日本で例えるなら「人間国宝」に限りなく近い作家と絶賛される名匠こそ、葉小鵬先生です。日頃の研鑽と天賦の美意識で、写実性、芸術性ともに優れた作品を次々に生み出し、2016年、ついにG20杭州サミットの展示作品にも選出。安倍首相をはじめ各国要人の目に触れるまでに至りました。その驚くべき彫技は、木彫界から「金彫手」(黄金の手を持つ名匠)と呼ばれています。
 
 葉先生と長らくお付き合いがあり、数多くの作品をご案内してきた弊社といたしましては、今回の慶事をたいへん嬉しく思うと同時に、人間国宝に匹敵する彫技と美を一人でも多くの方に伝えたいという気持ちが込み上げてきました。ご紹介する木彫はどれも素晴らしい名作ばかりですが、中でも最新作となる『地蔵王』は絶対に見逃せません。いかなる場所にも駆けつけ、手に持つ天然水晶の宝珠で全邪を祓い清める地蔵菩薩のご尊顔は、深い慈悲をたたえ、眺めるだけで除災除厄のご加護を授けてくれるようです。
 
 京都・三千院所蔵の国宝仏に相を得た『阿弥陀三尊』も必見です。ここでは、寺院用の大型仏像を特注にて承ります。他にも、仏像や彫像など葉先生の超絶技巧が冴え渡る、選りすぐりの傑作をご用意しております。世界的な評価の高まりによる価格高騰や入手困難となる前にぜひお申し込みください。
 
 
葉小鵬先生の作品に寄せられた感動の声をご紹介!
 
 『阿弥陀三尊』を床の間に飾り、毎日拝んでいます。その穏やかなお顔を眺めるだけで、不安が取り除かれていくようです。我が家の守護仏として、息子や孫の代まで大切に伝えていこうと思います。素晴らしいご本尊をありがとうございました。
86歳男性
 
 仏像巡りが趣味で、年に2日しかお目にかかれない大阪観心寺の『如意輪観音』さまを手元に飾りたいとの想いで申し込みました。豊満でどこか女性らしいお姿、繊細な装飾、光背や台座も国宝仏に迫る出来映えで、大変満足しています。   
61歳女性
 
 葉先生の『武聖』に一目惚れしました。部屋に飾るだけで三国志の名将・関羽が戦場を駆け抜けるような躍動感、その圧倒的な迫力に家族一同、魅了されています。先生の新作が、早くカタログに掲載されないかと待ち遠しいです。            
75歳男性
ページ上部へ