ホーム>新着情報>ミニカタログ:『日本貨幣傑作選』 8号
新着情報

ミニカタログ:『日本貨幣傑作選』 8号

 平素は東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
この度は大好評の『日本貨幣傑作選・八』をお届けいたします。一枚お手元に置けば、もう一枚欲しくなるのが貨幣です。今後さらに稀少性を増す逸品を網羅した本号をご堪能ください。
 
 2016年10月3日に開局した造幣さいたま博物館に足を運んで参りました。一言で感想を述べるなら圧巻! 「地方自治法施行60周年記念貨幣」の原版や国民栄誉賞のメダルなど興味深い展示品が満載で、ご覧いただけば、きっと大きな感動を味わっていただけることでしょう。そこで、本号では同館のショーケースに陳列された輝ける名貨の芸術性を皆様にもご共有いただきたく、特に目を引いた『千円カラー銀貨』『500円記念貨』をズラリと揃えました。
 
 まず注目は『千円カラー銀貨コレクション プレミアムシリーズ』です。世界造幣局長会議のコイン・コンペティションの記念貨幣部門で「最も美しい貨幣賞」を受賞した岩手県は世界遺産・中尊寺金色堂をデザイン。高知県は没後150年を迎えた今も人気ナンバーワンの坂本龍馬が存在感を放ちます。このほか、高額で取り引きされる計6枚を収蔵! いずれも市場からすっかり姿を消した幻の逸品です。さらに郵政省のふるさと切手5枚シートを同時収蔵した『千円カラー銀貨』と『500円記念貨』のバインダーセットを47都道府県すべて網羅した『日本列島パーフェクト版』をそれぞれご用意しました。知的な雰囲気の漂うこのコレクションは他のセットと比べて圧倒的人気を誇り、目にする機会さえ失われています。頒布は確保数のみとなっております。絶対にこの好機をお見逃しないようお願い申し上げます。
 
 さらに『新幹線鉄道開業50周年記念貨幣百円クラッド貨』が造幣局オリジナルのケースとファイルに納められたセットを2種類ご用意しました。もちろん、虹色発光仕上げが美しい『同千円銀貨』はこの度、初めてのご案内となる『平成コインアルバムⅡ』に収蔵されています。
 
 そして、熱烈なご要望により、日本から失われつつある『旧明治金貨』『明治新金貨』も緊急入荷しました。現在、すべてが過去に例を見ない品薄状態にあり、これほど入手に苦労した記憶はございません。本号では心苦しいばかりですが、わずかながら値上げさせていただきました。しかし、このような中、『明治新金貨』は、初めて20圓、10圓、5圓を納めたお買い得な三種セットを実現しました。全品ともにさらなる値上がりが見込まれます。ぜひ究極の価値と芸術性を誇る貨幣を目にした時の興奮、蒐集する喜びを実際にお楽しみいただけたら幸いに存じます。
ページ上部へ