ホーム>新着情報>ミニカタログ:『栄華のマハラジャ』
新着情報

ミニカタログ:『栄華のマハラジャ』

マハラジャ画像
謹啓

 平素は格別なご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。今回は「栄華のマハラジャ」〜魅惑のインドと題し、絢爛たるインド芸術の旅へご案内いたします。華やかなインド文化はイギリス統治下にあった帝国時代のマハラジャ文化に端を発します。マハラジャとは、その支配下外にあった藩王国を治めた統治者のこと。莫大な資産を持ち、芸術を尊んだ彼らの美学は今もなお、受け継がれています。なお、本号は私と深い親交があるインドの大富豪トリブヴァン・カンデルワール氏のご協力で実現しました。この場をお借りしまして、超高級品を確保するにあたり、ご尽力くださった氏に深く感謝申し上げます。

 さて、宝石大国といえば、インドを連想される方も多いことでしょう。紀元前4世紀にはダイヤモンドが発掘されており、ヨーロッパの権力者は、マハラジャのもとへ買い付けに訪れたほどです。この度ご紹介する『宝石質ルチルクォーツルース』(大・中・小)は高品質を誇るルース(原石をそのまま磨き上げたもの)を厳選しました。透き通った原石内で無数にきらめく針状の結晶、目にもまばゆい輝きは太陽光のように鮮烈です。施されたカッティングは、ラウンドブリリアントカットとエメラルドカットからお選びいただけます。また、絶対価値をご実感いただける『エメラルドルース』、インドでは宝石の王の異名を取る『スターサファイヤルース』も確保いたしました。すべて審美眼の高いインドの宝石商のお墨付きの逸品です。頒布は先着順。即日完売が予想される宝石をこの機会にぜひご所蔵ください。

 大ヒット映画「バーフバリ」が示すように、中世までのインドは戦乱の連続でした。そのため、今もなお、当時と同じ武具が制作され、芸術品として珍重されています。『王位の弓矢』はインド産ダマスカス鋼を鍛造した弓に聖木ベルの木の銀象嵌を細やかにあしらい、実際の戦でも用いられた駱駝革の弦を張った名品。熟練職人による神業的な手技は息をのむほどです。また『太陽の盾』は、数々の王朝が入れ替わった古代インドの時代から受け継がれる丸盾を復刻した作品。マンゴー木を彫り上げ、銅を塗った上で銀コーティングを施し、悠久の風合いを演出した傑作です。

 もちろん、インドの神様として、日本でも大人気を誇るガネーシャ作品もご用意しております。ソープストーン『王宮のガネーシャ』、サーペンティン『守護神ガネーシャ』、金仕上げ『ブランコ・ガネーシャ』、いずれも細やかな造形が美しく、見るほどに新しい発見があることでしょう。さらに、ウッタラプラデッシュ州ベスト・クラフトマン賞作家モハマッド・アビット氏にお願いに上がり、大理石のテーブル、飾り皿、小物入れを制作していただきました。いずれも王宮にふさわしい完成度を誇ります。特にテーブルはすべて一点物ですので、ご希望の方はなるべくお早めにお申し込みください。

 このほかにも皆様が初めてご覧になるような素晴らしい芸術品が多数含まれます。ぜひ本号を通じてご購入いただき、お部屋をマハラジャが住まう宮殿のようにお飾りいただけば、幸いに存じます。 

謹白
 
東京書芸館 代表取締役社長 田中利昭
ページ上部へ