ホーム>新着情報>ミニカタログ:日本貨幣傑作選・十
新着情報

ミニカタログ:日本貨幣傑作選・十

日本貨幣傑作選10号
謹啓

 平素は東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度は大好評の『日本貨幣傑作選・十』をお届けします。新元号を寿ぎ、本号では博物館からも引き合いのある歴史的黄金を確保しました。世界の貨幣史に名を刻む名貨が多数収蔵されております。お見逃しないようお願い申し上げます。

 さて、4月1日に新元号が発表され、5月1日の新天皇の御即位とともに、華々しい新しい時代を迎えます。
そこで、平成天皇陛下に見守られた一時代を振り返りながら、思い出の数々を胸にお刻みいただきたく、『平成天皇陛下記念貨幣総覧』を頒布いたします。安全資産として注目を集める金貨は全4種類を収蔵。重量30gを誇る「天皇陛下御即位記念10万円金貨」をはじめ、収蔵されているコインはすべて入手困難となっています。お届けは『天皇陛下御在位30年記念1万円金貨』『同500円バイカラークラッド貨』が発行されてからとなります。ぜひご予約いただき、来る慶事を寿ぎつつ、末長くご所蔵ください。
 
 そして、本号では圧倒的な価値を誇る江戸大判金の中でも、博物館収蔵クラスの一点物を複数ご用意しました。明暦の大火で溶解した金を用い、吹き直して鋳造された『慶長大判金(明暦判)』は残存数が極めて少ない黄金。暴れん坊将軍で知られる徳川吉宗が製造を命じた『享保大判金』は圧倒的な品位もさることながら、当事の墨書がそのまま残った稀少品です。そして、五代将軍・徳川綱吉が江戸時代で初めて金貨改鋳を行うことで生まれた『元禄大判金』は圧倒的な価格で取り引きされていることで有名です。元禄年間を示す「元」の年代印が打たれたこの一枚は徳川の歴史の中でも最も評価されており、大富豪たる貴方様にふさわしい永久財産であると存じます。

 さらに、NHK正月時代劇「家康、江戸を建てる」で一躍、脚光を浴びた金座の権利を独占した後藤家にまつわる至宝もご用意しました。その当主が元旦の年賀として将軍へ贈った特製の小判金『献上大吉天保小判金』は同時代の通常小判金より長細く、大きいのが特徴です。また、奇跡的に生まれた偶然小判とは違い、刻印の克明さと験極印の配列の美しさに高い芸術性を感じ取ることができます。本品をご所蔵いただけば、天下人だけが味わえた愉悦をご堪能いただけることでしょう。

 もちろん、大人気の旧明治金貨もご用意しております。しかも、この度は財務省放出の『旧明治十圓金貨』『旧明治五圓金貨』『旧明治二圓金貨』の3種類を取り揃えました。真正性、状態、グレードは財務省が永久に保証いたします。このほか、ご家宝とするにふさわしいお品がめじろ押しです。頒布は先着順です。ぜひこの機会にご所蔵いただくことをお勧めします。
 
謹白

株式会社 東京書芸館 代表取締役社長 田中利昭

 
ページ上部へ