ホーム>新着情報>ミニカタログ:『神彫』
新着情報

ミニカタログ:『神彫』


神彫
謹啓

 平素は弊社、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度は「神彫〜銘木と達人の芸術力」と題し、究極の木彫芸術や杢目や年輪が美しい天然木を磨き上げた名品まで幅広く取り揃えました。これまで弊社でご案内してきた作品の中でも過去最高と呼んでも過言ではないラインナップをご用意できたと自負しております。驚愕の価値をご実感なさりつつ、銘木に対峙する達人たちの神業的な造形力を心ゆくまでご堪能ください。
 まずご注目いただきたいのが、新天皇皇后両陛下の御即位を記念し、特別制作した崖柏木彫刻です。桂林市無形文化遺産伝承人・唐江峰氏による『牡丹鳳凰』は天皇陛下の象徴である鳳凰を細やかに彫り上げ、神々しいまでの美しさを実現した作品です。平和を願う鳳凰と見事に調和する百花の王・牡丹の図は圧巻の世界観を生み出しています。『龍鳳天舞』は中国収蔵家最喜的木彫芸術大師・童勝富氏がこの度の慶事を寿ぎ、万物を司る天皇の龍と、最高の幸運が訪れた時に現れる皇后を表す鳳凰を彫り上げた作品。竜章鳳姿という言葉がありますように、両者が揃った時、内面の充実が優れた姿として現れるといわれます。本二作を拝せば、来る新時代がより素晴らしいものになることでしょう。なお、標高2100mにも及ぶ険峻な峰々に自生するこの銘木は投資対象になっており、木の国宝と尊ばれるほどです。今回という節目の時にこそお求めいただきたく存じます。

 そして、絶対に本号にてお手元に置かれることをお勧めするのが、屋久杉泡瘤『最高級飾り皿』『神木腕輪』の二作品です。2016年に屋久杉は切り株や土埋木の持ち出しが禁止されたことをご存知でしょうか。加えて、屋久杉銘木市が2019年3月に閉幕されたため、これからさらに価格が暴騰するといわれています。樹齢をそのまま封じ込めた力強い杢目と自然が生み出した美しい色合いは木の宝石の名にふさわしい美麗さ。無病息災を願い、健康長寿の御神木を用いた究極の逸品から比類なき生命力を感じ取ってください。

 このほかにも、圧倒的な造形力をご実感いただける作品が勢揃いしました。『合掌達磨』は工芸美術師・李建敏氏が楠に禅宗の祖・達磨大師が面壁九年、厳しい岩壁に向かって、一心に合掌する姿を彫り上げた巨大なご尊像。『福蒔き布袋』は工芸美術師・李開模氏が楠に両手を広げた布袋様を彫り込んだ前代未聞の完成度を誇ります。いずれも輪切りにした楠の巨大な丸太が用いられており、年輪を生かした彫技に大感動が込み上げてきます。すべてのページをじっくりご覧いただき、一作でも貴方様の高い審美眼に叶う作品がございましたら幸いに存じます。
 
謹白

株式会社 東京書芸館 代表取締役社長 田中利昭

 
ページ上部へ