ホーム>キャンペーン>皇室記念金貨と共に辿る『昭和』『平成』『令和』
キャンペーン

皇室記念金貨と共に辿る『昭和』『平成』『令和』

20204816729.jpg
 

20195月1日 新元号「令和」となりました。

2019年1022日には即位礼正殿の儀、1110日には祝賀御列の儀、1415日には大嘗祭が斎行され、令和の元年は新たな天皇の御即位を奉祝する素晴らしい年となりました。
令和ははやくも2年を迎え、211日は令和初の「建国記念の日」、223日には天皇陛下御即位後初の「天皇誕生日」となりました。この度、東京書芸館では新しい「令和」の時代を寿ぎつつ、64年の長きにわたった「昭和」、上皇陛下と共に歩まれた「平成」、それぞれを代表する金貨をご紹介いたします。

 

202041181933.jpg

歴代最長の64年にわたり、御在位された昭和天皇。戦時の動乱から終戦高度経済成長バブル経済と日本が大きく動いた時代でした。戦後初の金貨また歴史上初めて壱拾萬円の額面を持つこちらの金貨はインターネットの普及していない時代に抽選券が超高額で取引された絶大な人気を誇るものでした。その中でもプルーフ仕上げの本品は発行枚数も少なく蒐集家のための鑑賞用であるため市場になかなか出回りません。デザイン案は文化勲章受章作家平山郁夫画伯のもので表面には菊花紋章、裏面には平和を象徴すると目まぐるしい成長を遂げた「昭和」を象徴するような流水の紋様が描かれています。戦後の焼け野原をものともせず先進国への仲間入りを果たした「力強い日本の底力」を象徴する金貨です。

202042113355.gif2020481771.gif

 

 

20204211422.jpg

ー平成が戦争のない時代として終ろうとしていることに、心から安堵しています。ー
上皇陛下が退位の際、述べられたおことばです。激動の昭和ののち、31年にわたり「戦争の無い時代」として20194月に終わりを告げた平成。生活の面では核家族・少子化、携帯・インターネットの普及などゆっくり、大きく変化を迎えました。上皇陛下の御即位記念として発行されたこちらのコインは偽造を防止するため当時の額面に近い金の量目で制作されました。現在金価格の大幅な高騰により30gの量目を誇る本金貨は“金貨の王様”といわれています。その中でも通常版と比べ発行枚数20分の1という高い稀少性を誇るプルーフ仕上げ。表面には繁栄隆盛を表す桐と唐草に包まれた菊花紋様。裏面には吉祥の兆しである瑞雲の中を羽ばたく健康長寿の象徴、鳳凰が刻まれております。

20204817747.gif202042115035.gif

 

 

ー大空に 舞ひ立つ鶴の 群眺む 幼な日よりの わが夢かなふー
今上天皇陛下が平成5年の歌会始で詠まれた歌です。天皇陛下が皇后陛下に恋心をいただいてから7年の月日がたち婚約、199369日にご結婚なされました。バブル崩壊に見舞われ、意気消沈していた当時の国民にとっては大変明るいニュースでした。日本唯一の5万円という額面で発行された本金貨は、表面には菊花紋様と天皇陛下のお印である梓、裏面は文化勲章受章作家の平山郁夫画伯が図柄に携わり、天皇陛下の詠まれた歌をモチーフに瑞雲の中で大翼を広げ舞い立つ、仲睦まじい夫婦の鶴が描かれています。-雅子さんのことは僕が一生全力でお守りしますから-プロポースの言葉からも感じられる、天皇陛下の温かくも大らかな人柄を象徴するような優しいデザインの金貨です。

202042163552.gif20204817837.gif

 

 

20204216547.jpg

昨年41日の新元号発表からはや一年が経ちました。思い起こせば若き日の天皇陛下が、上皇上皇后両陛下に見守られながら読書をなされていた御幼少の頃や大学生時代、水の御研究に打ち込まれる御姿は昨日のことのようです。そして、皇后陛下との平成のロイヤルウェディングから、25年以上の年月が経ちました。令和初の皇室記念貨である「天皇陛下御即位1万円プルーフ金貨」、金貨の表面には瑞雲がたなびく天空に皇室の象徴・鳳凰。裏面は菊の御紋を、天皇陛下のおしるしである梓と皇后陛下の浜茄子が囲みます。どんな困難が訪れようとも、力強く前に進んでいくであろう時代を象徴するようなデザインです。

20204817910.gif202042163746.gif

 

ページ上部へ