ホーム>新着情報

新着情報

ミニカタログ:『大政奉還150周年記念』~日本の夜明け~

『大政奉還150周年記念』~日本の夜明け~
 本年は政権が朝廷に返還されてから150年となります。そこで、歴史的出来事を寿ぎ、『大政奉還150周年〜日本の夜明け〜』をご案内いたします。幕末の志士にまつわる逸品や江戸時代から明治初期に至宝と尊ばれた名品、当時を思い起こさせる絵画など、充実のラインナップとなっております。心ゆくまでご堪能いただき、歴史ロマンに酔いしれてください。

 大政奉還の立役者と聞いて、真っ先に思い出されるのが、坂本龍馬ではないでしょうか。いち早く、海外に目を向け、薩長同盟を実現させるなど、彼がいなければ、今日の日本はなかったかもしれません。この度は偉大な英雄を偲ばせる有田焼陶板額『坂本龍馬』を2種類ご用意。写真の風合いを一生そのままご鑑賞いただくことができます。凛々しい姿をご鑑賞になりながら、幕末の風雲児の生涯に思いを馳せてください。

 龍馬が慕った人物といえば、勝海舟を置いてほかにいません。本号では海舟の代名詞である『咸臨丸』を帆船模型作家・奥野礼三氏がソリッド技法と呼ばれる技法を駆使して完成させた大傑作を確保いたしました。名匠の作品は制作に長時間を要すため、なかなかご所蔵いただけません。ぜひこの機会をお見逃しないよう宜しくお願い申し上げます。

 本号の最大の目玉は鍋島焼『青磁染付水車文皿』です。大政奉還後、九州の実業家・田中丸善八氏が蒐集した田中丸コレクションに数えられる名品を創業90年を超える鍋島焼窯元・畑萬陶苑が復刻。ペリー来航前に大砲を完成させた佐賀藩第十代藩主・鍋島直正が藩宝とした鍋島焼の逸品で、実物は九州国立博物館、福岡市美術館に収蔵されているほど。権力者への献上品に用いられた磁器芸術の最高峰をご所蔵いただける機会をお見逃しないようお願いします。

 このほか、大人気の稀少紙幣では「明治通宝」の一圓、半圓、20銭、10銭の極美品を額装に納めた逸品を筆頭に、幕末から明治初期に活躍した偉人の連番紙幣コレクション『岩倉具視五百円紙幣1000枚連番官封』『同100枚連番束』ほか、未使用『福沢諭吉一万円 最初番』をご用意しました。さらに、江戸時代最後の鋳造となった『万延大判金』『万延小判金』も蔵出しいたします。
 いずれも幕末の志士たちの偉大さと文明開化の薫り漂う逸品です。ぜひご所蔵いただき、150年前に起こった日本史における歴史的大革命の意義を感じ取っていただけたら幸いに存じます。

 
 

「運慶」図録 トートバックつき プレゼントキャンペーン第3弾

「運慶」図録 トートバックつき

竜燈鬼・天燈鬼画像提供:イスム
 
 
「運慶展」の裏側と見どころに迫る
東京国立博物館研究員の独占インタビューを掲載!
豪華プレゼントキャンペーンも実施します。
 
 日本でいちばん有名な仏師、「運慶」の仏像人気が止まりません。その火付け役となったのが、東京国立博物館で開催している興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」です。まるで生きているかのようなリアルな仏像を目当てに、老若男女が押し寄せるなど、今秋大注目の展覧会として全国の話題をさらいました。〝空前の運慶ブーム〟は継続中です。
 これまで数多くの仏像作品をご紹介して参りました弊社にも、運慶作品に関するお問い合わせが、かつてないほど寄せられています。そこで、弊社ベストセラーとなっている、運慶一門の作品を一堂にご紹介!数に限りがございますので、お見逃しないようお願いします。さらに、史上最大の運慶展を振り返るにふさわしい「豪華プレゼントキャンペーン」も実施中!なんと、オリジナルトートバッグ付きの運慶「図録」を特別にプレゼントいたします。
 大反響の仏像コラム「運慶最前線」では、東京国立博物館の研究員さんに、弊社スタッフが独占インタビュー!ここでしかきけない運慶展の知られざるエピソードが満載です。最終回となりますので、ぜひ最後までご覧ください。
 

必見!大人気の仏像作品

運慶仏 慶派一門による迫真の仏像、運慶の芸術魂を今に受け継ぐ仏師が彫刻した御仏。

 
 

応募要項

賞品

賞品_図録トート付き
 
史上最大の運慶展を
振り返る思い出に。
 
運慶作品集や仏像資料としても最適な図録です。東京国立博物館限定のオリジナルトートバッグつきでお届けします。
 
応募方法

 下記の応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。
応募締切は2017年12月15日(金)までです。お急ぎください。
 

応募方法_矢印-01

 
banner_unkei-4更新3_1116-05
※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
※当サイトからのメールは「info@shogeikan.jp」で届きます。「info@shogeikan.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
※応募締切は12月15日(金)までです。お急ぎください。
※プレゼントの当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
※抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、
あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは都合により予告なく変更・中止となる場合がございます。
応募締切-3
 
図録トートに応募
 
 

特別展情報

興福寺中金堂再建記念特別展 運慶
【開催日】2017年9月26日~2017年11月26日 【会場】東京国立博物館(平成館) 【営業時間】9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)(ただし、金曜・土曜および11月2日は21:00まで開館)休館日月曜日(ただし10月9日は開館)
【会場住所】〒110-8712東京都台東区上野公園13-9 【アクセス】JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
【入場料】一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※()内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

▼詳しくはこちらから
展覧会公式サイト http://unkei2017.jp/
東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp/
 

コラム

運慶最前線-4回目

運慶最前線 第3回
2017.11.21
 
運慶展を裏の裏まで独占インタビュー

 

 この秋、大注目の展覧会がいま、上野の東京国立博物館で絶賛開催中です。日本一の仏師として名高い運慶の傑作が集結する興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」。リアリティを極めた迫真の仏像は、どのように展示され、私たちの目の前にお出ましになられたのでしょうか?東京国立博物館の研究員であり、運慶展の作品解説などの重責を担われた西木政統さんに弊社スタッフが独占インタビュー!運慶展の展示方法と見どころに迫ります

西木さん
 

東京国立博物館研究員 西木 政統  氏
 
 1986年滋賀県生まれ。慶応義塾大学・大学院修了ののち、上野・東京国立博物館の研究員(学芸研究部列品管理課)として勤務。今回開催の『運慶』 をはじめ、『平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち』(2016年)、『みちのくの仏像』(2015年)など仏像の展覧会に携われている。
 
 
360度全く隙を見せない運慶仏を、とくと見よ!
 
――続きまして、運慶展の展示方法について伺っていきます。今回の展示では360度、全方位から見ることができる仏像が多いですが、どのような思いが込められているのでしょうか?

西木:本来、仏像は信仰の対象ですから、正面から拝するというのが大原則だと思います。しかし、運慶作品では360度どこから見ても全く隙がありません。従来の仏像は、見えない部分に彫刻を施していなかったり、平彫りする場合がほとんどなのですが、運慶仏はそうではありません。運慶が造り上げた完全な仏様を、通常見られない背面や斜めからですとか、いろんな方向からご覧いただきたい。見えないところまで神経をいき届かせた、運慶の構想を皆様に追体験していただきたいと思い、360度見られるように設定しました。

 
展示風景① 毘沙門天立像(願成就院蔵)
 展示風景① 毘沙門天立像(願成就院蔵)
写真提供:朝日新聞社
 
 
 
――今にも動き出しそうなほどリアルな運慶作品を展示する上で、ライトの当て方やガラスケースに何か工夫はございましたか?

西木:どこから見ても立体感があり、彫刻が最も魅力的に見えて、陰影が出ていないといけません。当然いろんな方向からライトを当てていますが、目に入ってまぶしくならないようにライティングするのが非常に難しかったですね。
 ガラスケースでは、透過度の高いミュージアムガラスを使用していますが、どうしてもガラスの物質感が出てしまいますし、仏像の印象も変わってきます。また、運慶作品の特色である空間の広さ、像の大きさ以上の躍動感、奥行などの空間表現に魅力があるので、なるべくガラスケースで覆って制限したくありませんでした。

――仏像に手が届くほどの距離感で展示されていますから、とても臨場感がありますね。では、安全面に関して何か工夫はございますか?

西木:仏像の安全性を考えて、免震台に乗せています。もちろん空調は自動で管理し、室温22〜23度、湿度60%前後というのを守っています。また混雑時にはお客様同士がぶつからないように、お像の間隔をゆったりと空ける、必要であれば結界を設けたり、広げたり…。一定の人数を超えないように、たいへん申し訳ないのですが、入場規制もかけさせていただいています。

――なるほど、仏像の魅力を最大限に引き出す工夫と安全性の両立がなされているのですね。ありがとうございました。
 
 
展示風景② 無著菩薩・世親菩薩立像(興福寺蔵)
展示風景② 無著菩薩・世親菩薩立像(興福寺蔵)
写真提供:朝日新聞社
 
 
霊験あらたかな仏像空間 興福寺北円堂の再現に迫る!
 
――ずらりと並んだ金剛峯寺の八大童子や42年ぶりの再開となった十二神将など、どの展示にもたいへん感銘を受けましたが、展示構成で最もこだわったのは、やはり興福寺北円堂(※1)の再現でしょうか?

西木:本展では基本的にお寺様の並べ方を尊重していますが、北円堂の再現は唯一、お寺で安置されているものとは異なる仏様を組み合わせています。元来、北円堂でお祀りされていたと推定されている、現在の南円堂に安置される四天王像を一度、(無著・世親菩薩と)同じ空間でご覧いただければと思います。
 お寺に行って仏様に囲まれているという空間と、お寺では味わえないここだけの空間というのを同時に体感いただきたいですね。
 
 
 
研究員が語る、運慶展の魅力はこれだ!
 
――運慶を知らない方にも楽しめるような工夫はありますか?

西木:運慶という人物がどのような社会的な背景に生まれ育ち、どういう立場だったのか、というのを解説やパネルで取り入れ、運慶の生涯がお分かりいただけるように工夫はしております。運慶という作家にきちんと親がいて、子供にも恵まれた、中世に生きた作家だったということをお伝えできればと思いました。

――運慶の息子・康弁の作とされる龍燈鬼などは、運慶の作風を残しつつ、個性を発揮していますよね。慶派の系譜を肌で感じ取ることできる展示構成にも注目ですね。また、展示パネルでは東大寺南大門の金剛力士立像など、今回出展が叶わなかった運慶仏を完全網羅できるのも魅力的だなと感じたのですが。

西木:そうですね。現地で一つ一つ見ていくと大変な労力がいりますし、秘仏として公開の機会が制限されている仏様もおられますので…もうこの時しか見られない、そういう展覧会だと思います。
 
 
西木さん
 
 
――今までたくさんのお話を聞いてきましたが、ズバリ見どころは?

西木:360度ご覧いただけるように提示している作品は、我々が特にお勧めしたい作品です。今回、後ろまで回れるようにしているのは、本当に背面もご覧いただきたいというメッセージだと感じていただければと思います。

――それでは、仏像ファンに向けての見どころはどうでしょうか?

西木:なるべく最新の研究成果を盛り込むようにしています。当館が所蔵しているX線CTスキャナを使うなど、科学分析を同時に行うことで、情報を随時更新しています。これまでの本に載っていない新知見をご覧いただければと思います。

――内部の構造も展示されおり、五輪塔形の木札、水晶の舎利容器のほか、人間の歯なども発見されているとは驚きです。まさに運慶最前線の研究ですね。ありがとうございました。

最後に研究員の西木さんに今回の運慶展に携わって実感された運慶仏の魅力について、次のように語ってくださいました。

西木:運慶が主体的に関わった仏像は、本当に360度どこから見ても破綻が一切なく、生身の肉体の上に装束や甲冑を身につけて、そこにおられる。そんな現実感に富んだ仏像であると改めて感じさせてくれました。
 

 
 いかがだったでしょうか。実は、運慶は生まれた年月さえ解明されておらず、まだまだ不明な点がたくさんあります。今回の特別展「運慶」は貴方にしか気付かない発見や、思い思いの運慶仏の魅力を見つけていただける絶好の機会だと思います。日本一の仏師が魂を込めて造り上げた作品を間近で見られ、しかも運慶作品の3分の2をコンプリートできる機会は、一生に一度あるかないか!すでに見学された方も、これから見に行く方も、背面を見忘れたという方も、今回の裏話を踏まえて、運慶展を徹底的に見学されてはいかがでしょうか。
 
※1 興福寺北円堂
 興福寺は阿修羅像がお祀りされていることで有名な奈良の古刹。運慶ともゆかりが深く、父である康慶、子である康弁など、運慶一派(慶派仏師)の仏像を所蔵する。北円堂は奈良時代の養老5年(721)に藤原不比等を供養するために建立。治承4年(1180)の兵火、いわゆる南都焼討で焼失し、承元2年(1208)頃に復興された。今回の展示では、復興されてまもない北円堂の堂内を再現している。会場内の四天王像は、現在、興福寺の南に位置する南円堂に所蔵されるもので、当時は北円堂に安置されていたのではないかとの説が浮上している。この新知見にならって、無著・世親菩薩とともに展示するに至った。
 

 
今回でインタビューは最終回となりますが、弊社ホームページでは運慶仏をはじめ、
日本の超有名仏像作品を数多くご用意しております。
もちろん仏像以外の美術作品もめじろ押しです!ぜひ隅々までご覧ください。
 

 

ミニカタログ:『至高のプレミア貨幣2』

至高のプレミア貨幣2
世界各国から最高峰と尊ばれる名品を網羅しました!
究極のコレクションが誕生!
 
 この度は究極の品揃えを実現した『至高のプレミア貨幣Ⅱ』をご案内いたします。現存数が限られた博物館級の芸術金貨から、貨幣鑑定機関が最高ランクを与えた至宝、そして、江戸時代の最高峰と尊ばれる大判金・小判金まで充実のラインナップとなっております。世界各国から弊社が独自ルートを通じて確保した名品の数々をご堪能ください。

 今回ご案内する芸術貨幣はすべてが目玉商品です。アメリカコインは弊社スタッフが実際に全米各地に赴き、買い付けてきた逸品ばかり。例えば、ミントエラー『イーグル50ドル金貨』、ディープカメオ『純プラチナイーグル100aドルプラチナ貨』はNGC(貨幣保証会社)とPCGS(プロフェッショナルコイン格付けサービス)が究極に限りなく近いグレードを与えた逸品。その厳格さは1ミクロンの傷も許さず、真正性を証明するスラブケースが永遠の価値を保証します。このほかいずれも驚愕の価格で取り引きされているものばかり。市場で目にする機会さえない名貨の数々をお見逃しないようお願いします。

 もちろん、アメリカ以外からも博物館級の名品を確保いたしました。『エリザベス2世 ナイト&ドラゴンプルーフ金貨4種揃え』はロンドンの紋章院の画家ティモシー・ノードがデザインしたイギリス金貨の最高峰。なんと、4枚すべてPCGSからPR69のディープカメオという驚愕の鑑定結果を獲得した前代未聞の金貨セットです。このように統一ランクのセットは海外オークションでさえ、なかなかお目にかかれません。ほかでは『ヘラクレス50フランプルーフ金貨』は量産する前にデザイン等の確認のため、1976年に発行された鋳造された試鋳貨。鋳造枚数54枚、重さ102gと聞くだけで、金貨の頂点に君臨する宝物であることをご理解いただけるでしょう。また、来る戌年を寿ぐ2017年秋に発行されたばかりのオーストラリア、イギリス、カナダ、フランス、ブータンの金・銀貨もご用意しました。いずれもかわいらしい犬がデザインされた逸品ばかりで、毎年、決まった枚数しか発行されない上、各国への割当が決まっているため、プレミア価値は抜群です。

 もちろん、日本からも多数のラインナップを取り揃えました。博物館級の『慶長笹書大判金』書改は関西の旧家から蔵出しされた由緒ある一枚。『慶長小判金 前期』『慶長一分判金 前期』は絶対数が限られ、最高峰に位置付けられる家宝級の逸品です。さらに、大人気のカラーコインでは、開催まであと3年を切った東京オリンピック・パラリンピックを記念する『東京2020オリンピック競技大会記念貨幣』『東京2020パラリンピック競技大会記念貨幣』、東北復興への願いが込められたプルーフ『東日本大震災復興事業記念千円銀貨』第一次〜第四次をご用意しました。本稿でご紹介したお品はいずれも価値が高騰しており、今後ますます換金性を増すことと思われます。すべて頒布は先着順となっております。ご注文が殺到すると思われますので、ご希望の方はなるべくお早めにお申し込みください。
 
 

抽選で「フランス人間国宝展」のチケットをプレゼント!

抽選で「フランス人間国宝展」のチケットをプレゼント!
【10月28日(土)~11月9日(木)期間限定】

洋画商品をご購入の方、抽選で5組10名様に東京国立博物館で現在開催中の「フランス人間国宝展」のチケットをプレゼント!
 
 
※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
※応募締切は11月9日(木)までです。お急ぎください。
※プレゼントの当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
※抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは都合により予告なく変更・中止となる場合がございます。
※洋画柄の傘も対象商品になります。

「運慶」書籍「運慶への招待」 プレゼントキャンペーン第2弾

第2弾のキャンペーンは終了いたしました。
 

運慶_第2弾02

竜燈鬼・天燈鬼画像提供:イスム
 
 
「運慶展」の裏側と見どころに迫る
東京国立博物館研究員の独占インタビューを掲載!
豪華プレゼントキャンペーンも実施します。
 
 日本でいちばん有名な仏師、「運慶」の仏像人気が止まりません。その火付け役となっているのが、東京国立博物館で開催中の興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」です。まるで生きているかのようなリアルな仏像を目当てに、老若男女が押し寄せ、来場者数は20万人を突破!世はまさに〝空前の運慶ブーム〟です。

 これまで数多くの仏像作品をご紹介して参りました弊社にも、運慶作品に関するお問い合わせが、かつてないほど寄せられています。そこで、弊社ベストセラーとなっている、運慶一門の作品を一堂にご紹介!数に限りがございますので、お見逃しないようお願いします。さらに、運慶作品をもっと好きになる「豪華プレゼントキャンペーン」も実施!なんと、運慶入門書として最適な「運慶への招待」を特別にプレゼントいたします。
 大反響の仏像コラム「運慶最前線」では、東京国立博物館の研究員さんに、弊社スタッフが独占インタビュー!ここでしか聞けない運慶展の知られざるエピソードが満載です。ぜひ最後までご覧ください。
 

必見!大人気の仏像作品

運慶仏 慶派一門による迫真の仏像、運慶の芸術魂を今に受け継ぐ仏師が彫刻した御仏。

 
 

応募要項

賞品

賞品_書籍
書籍
「運慶への招待」
救いを実感できる
仏像を求めて-
 
朝日新聞出版/編 
浅見龍介/監修
日本一有名な仏師・運慶の「すごさ」に迫る一冊
 歴史の教科書にも掲載される運慶だが、意外とその「すごさ」は知られていない。本書は東京国立博物館の浅見龍介氏が、仏像初心者にもわかりやすく丁寧に解説。もちろん運慶作品全31体の写真を完全収録!運慶入門書としてのほか、運慶仏の鑑賞にもこれ以上のものはありません。
 
 
応募方法

 下記の応募フォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。
応募締切は2017年11月20日(月)までです。お急ぎください。
 

応募方法_矢印-01

 
運慶02
※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
※当サイトからのメールは「info@shogeikan.jp」で届きます。「info@shogeikan.jp」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。
※応募締切は11月20日(月)までです。お急ぎください。
※プレゼントの当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
※抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、
あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは都合により予告なく変更・中止となる場合がございます。
応募締切-2
 
書籍に応募
 
 

特別展情報

興福寺中金堂再建記念特別展 運慶
【開催日】2017年9月26日~2017年11月26 【会場】東京国立博物館(平成館) 【営業時間】9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)(ただし、金曜・土曜および11月2日は21:00まで開館)休館日月曜日(ただし10月9日は開館)
【会場住所】〒110-8712東京都台東区上野公園13-9 【アクセス】JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
【入場料】一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※()内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

▼詳しくはこちらから
展覧会公式サイト http://unkei2017.jp/
東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp/
 

コラム

運慶最前線!02

運慶最前線 第2回
2017.11.6
 
運慶展を裏の裏まで独占インタビュー

 

 日本一有名な仏師・運慶(?~1223年)。その傑作が集結する史上最大の展覧会が、上野の東京国立博物館で始まり、早くも20万人を動員するなど話題をさらっています。全国に運慶作あるいは運慶作の可能性が指摘されている仏像は31体。そのうちの22体が一堂に会する興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」。この秋、超目玉の特別展はどのようにして生まれたのか? 東京国立博物館の研究員であり、運慶展の作品解説などの重責を担われた西木政統さんに独占インタビューしました。

 

西木さん
 

東京国立博物館研究員 西木 政統  氏
 
 1986年滋賀県生まれ。慶応義塾大学・大学院修了ののち、上野・東京国立博物館の研究員(学芸研究部列品管理課)として勤務。今回開催の『運慶』 をはじめ、『平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち』(2016年)、『みちのくの仏像』(2015年)など仏像の展覧会に携われている。
 
 
なんと構想10年。運慶展のはじまりに迫る!
 
――それではよろしくお願いします。早速ですが、博物館で彫刻作品を担当する西木さんにとって、運慶の展覧会に携わることは憧れであったかと思います。史上最大の運慶展は、どのような想いでスタートされたのでしょうか?

西木:企画スタート時、私は在籍しておりませんでしたが、なるべく多くの運慶作品を展示できないと、開催できないという思いでスタートしたということを聞いています。推定仏を含めて22体、今までで最も多い作品を展示公開することができました。

――なるほど、史上最大の運慶展というキャッチコピーはそこからきているのですね。では、企画のスタートはいつ頃からでしょうか?

西木:当館で開催された10年前の興福寺創建1300年記念 「国宝 阿修羅展」からですね。中金堂再建が興福寺様(※1)の悲願でしたので、それを記念して開催できれば…という話は関係者の間で進んでいました。具体的に動き始めたのは、通常の展覧会と同じように5年前くらいですね。

――そんなに早くからですか!?東京国立博物館で過去最高の94万人あまりを動員した「阿修羅展(2009年)」。その企画段階の頃には、運慶の特別展を開催したいという思いがあったとは…。
10年前から準備を重ねられていたことに、ただただ驚くばかりでした。また、今春に奈良国立博物館で催された「快慶展」と開催年が偶然重なり、仏像ブーム再燃という中での開催となりました。

 
東京国立博物館の中の様子
                                     東京国立博物館の中の様子
 
 
運慶展にお出ましいただいた貴重な仏様
 
―仏像はお寺様のご本尊である場合もございます。多くの仏様を秋の観光シーズンにお出ましいただくというのは、非常に大変だったかと思いますが…。
 
展覧会チラシ
展覧会チラシ
西木:そうですね。それぞれご所蔵者も分かれていますし、何より信仰の対象としてお祀りされる中で、運慶という作者の繋がりだけで、展示依頼をするというのは、なかなかご理解が得られにくかったですね…。まして、美術作品としてクローズアップせざるを得ませんので、お願いしにくいこともありました。何度も交渉に上がって、いろんな方面からお願いをして、ほとんどの関係者が諦めていたところから、何とかご理解いただけたものもありました。

―大変なご苦労があったのですね。結果的には運慶作品を所蔵する各寺院よりお預かりして〝運慶作品を集合させた、かつてない展覧会〟を、開催するという悲願を達成できたことがとても感慨深いと語ってくださいました。

 
玉眼と彫眼に隠されたヒミツ
 
―興福寺北円堂の無著・世親菩薩、伊豆 願成就院の毘沙門天などは、チラシや図録でお顔が大きく掲載されていましたね。目の玉眼(※2)が命を宿したかのようにキラキラと輝いて、今にも動き出しそうなリアリティが印象的でした。そういえば、運慶作品には玉眼だけでなく、木を彫り上げて目とした彫眼の仏像もあると今回で初めて知ったのですが、これはなぜなのでしょうか?
 
玉眼の構造
西木:運慶が玉眼と彫眼を使い分けたのではないかという見解があります。実は、文治5年(1189年)制作の浄楽寺阿弥陀三尊像以降、悟りを開いた仏様である如来、及びこれに近い菩薩には、原則的に玉眼が使われなくなるのです。玉眼というのは、実際の眼球のような質感を出すために用いられる技法なのですが、それが本当に生々しすぎて…。本来、超越的な存在である仏様には、あまりふさわしくないと運慶は考えたのではないか。仏・菩薩に関しては次第に使われなくなったといわれていたのですが、必ずしもそれに当てはまらない作品も出てきまして…。

―と、いいますと…。

 
西木:例えば、運慶作と推定される東京都真如苑様の大日如来坐像にも玉眼が入っていて、なぜ玉眼を使ったのか。あるいは、ある時点から運慶が如来に玉眼を使わないと決めていたのであれば、これは本当に運慶作品か?という議論になります。

―玉眼と彫眼を使い分けたのは、仏像を注文したお客様の意向を聞いたのではないか、という見解はいかがでしょうか?

西木:もちろん注文主の意向というのもかなり大きいと思います。例えば、もう少し生き生きと玉眼を使って欲しいとか。逆に、あまりにも生々しくしないでくれ、玉眼は避けてくれなどの要望もあったのではないかなと。そういう誰かの指示があったのかどうかは、今後検討しなければなりませんね。

―玉眼だけでも今後に残された研究課題がたくさんあるのですね。ありがとうございました。
 
 
※1 興福寺
 天智天皇8年(669年)創建の山階寺が起源。平城京遷都の後、興福寺と称される。阿修羅像がお祀りされていることで有名な奈良の古刹。運慶ともゆかりが深く、父である康慶、子である康弁など、運慶一派(慶派仏師)の仏像を数多く所蔵する。治承4年(1180年)の南都焼討による復興で、慶派仏師が活躍する原点ともなった。現在、興福寺では中金堂再建が進められており、2018年の落慶を目指している。今回の運慶展はこれを記念した特別展である。

※2 玉眼
 仏像の目に水晶を入れたもので、くりぬいた眼球の部分に、内側からレンズ状の水晶をあてて瞳を描き、当て木で押えた技法のこと。鎌倉時代に一般化し、後に多くの仏像に用いられるようになる。一方の「彫眼」は木に彫刻を施して彩色し、目としたものをいう。

 
次回も引き続き研究員の西木政統さんにインタビュー。特別展「運慶」の展示に関する「裏話」や「見どころ」をたっぷりとご紹介します。特別展の裏側を知れば、運慶展をより楽しく見学できるに違いありません!! ぜひご期待ください。
 
次回予告:
東京国立博物館の研究員に聞いた!②
「運慶」展こだわりの展示方法と見どころ
 

「運慶」チケット/図録 プレゼントキャンペーン第1弾

第1弾のキャンペーンは終了いたしました。
 

「運慶」チケット/図録 プレゼントキャンペーン

 
空前の運慶ブームのいま、
豪華2大プレゼントキャンペーンを実施!
 
 日本でいちばん有名な仏師、「運慶」の仏像人気が止まりません。その火付け役となったのが、東京国立博物館で開催中の特別展「運慶」です。まるで生きているかのようなリアルな仏像を目当てに、老若男女が押し寄せ、長蛇の列をなしています。世はまさに〝空前の運慶ブーム〟です。
 これまで数多くの仏像作品をご紹介して参りました弊社にも、運慶仏に関するお問い合わせが、かつてないほど寄せられています。そこで、大人気の運慶仏にもっと近づける「豪華2大プレゼントキャンペーン」を実施します。なんと「運慶」ペアチケット、または「運慶」図録を特別にプレゼント!さらに、仏像コラム「運慶最前線」の連載もスタートいたしますので、ぜひ最後までご覧ください。
 

応募要項

賞品 (いずれかをお選びください)

賞品_ペアチケット-01
賞品_図録-01
応募方法

 A賞、B賞から賞品をお選びいただき、下記の応募フォームより必要事項をご記入の上、
ご応募ください。応募締切は2017年10月23日までです。お急ぎください。

応募方法_矢印-01

 
「運慶」チケット/図録 プレゼントキャンペーン
※ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
※応募締切は10月23日までです。お急ぎください。
※プレゼントの当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。
※現地までの交通費はお客さま負担となります。
※ご当選の権利の譲渡、現金など代替品へのお引き替えは一切できません。
※抽選結果に関するお問い合わせにはお答えしかねますので、
あらかじめご了承ください。
※本キャンペーンは都合により予告なく変更・中止となる場合がございます。
応募締切-01
 
ペアチケットに応募-01
図録に応募-01
 

必見!大人気の仏像作品

運慶仏 慶派一門による迫真の仏像、
運慶の芸術魂を今に受け継ぐ仏師が彫刻した御仏。

 
 
 

特別展情報

興福寺中金堂再建記念特別展 運慶
【開催日】2017年9月26日~2017年11月26 【会場】東京国立博物館(平成館) 【営業時間】9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)(ただし、金曜・土曜および11月2日は21:00まで開館)休館日月曜日(ただし10月9日は開館)
【会場住所】〒110-8712東京都台東区上野公園13-9 【アクセス】JR上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
【入場料】一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※()内は前売り/20名以上の団体料金
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。

▼詳しくはこちらから
展覧会公式サイト http://unkei2017.jp/
東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp/

 

コラム

運慶最前線!

運慶最前線 第1回
 
「運慶展を徹底見学!ここが凄いランキング!!」
 国宝12点、重要文化財24点。それも全国に31体とされる運慶作品のうち、22体が集結する、この秋、大注目の特別展「運慶」。会場の東京国立博物館(平成館)には朝から長蛇の列を成し、さすが史上最大の運慶展と思いながら、徹底見学して参りました。運慶展の魅力をランキング形式でご紹介します。
 
第3位 運慶の父、そして子供たちの作品も
 
 運慶の事績をたどれるのはもちろんのこと、運慶の父にして師匠でもある康慶、息子の湛慶や康弁の作品にも出会うことができます。運慶一門(慶派)の歴史まで知ることでき、鎌倉仏像の流れをつかめるまたとない機会です。
 
第2位 あの有名寺院の北円堂を再現!
 
 ここは古寺か名刹か。会場内に突如あらわれた霊験あらたかな仏像空間に思わず息をのみます。治承4年(1180)、南都焼討により焼失した興福寺北円堂の再建当初の姿を蘇らせた特別な展示です。通常、そこにはおられない四天王像の勇姿は圧巻。学芸員のこだわり、研究者の情熱が具現化した展示というほかありません。
 
第1位 360度から見られる運慶仏!
 
 栄えある第1位は、全方位から運慶作品を見ることができる展示が多い点です。通常、お寺などでは見られない側面や背面をじっくりと堪能できます。しかも、仏像との距離が近かったり、ガラスケースがなかったりと、とにかく臨場感が凄い。また、多方向からのスポットライトが仏像の全身を照らし、胸の厚みや動感、細やかな装飾に至るまで良く鑑賞できます。
 ところで、来館者の様子を見ていると、背面を見ずに立ち去る方が多いようです。背面なんて滅多に見られないのに…もったいないと思う次第でした。360度鑑賞すれば新たな発見があるかもしれませんね。
 

 
次回は 「運慶」展 担当研究員に聞いた!「運慶」知られざるバックヤ―ド
このランキングを踏まえ、史上最大の運慶展はどのように生まれたのか、
東京国立博物館の「運慶」展 担当研究員さんにインタビュー。
運慶展の裏側とその真髄に迫ります。

ミニカタログ:『江戸元禄』

江戸元禄.jpg
天下泰平の世に花開いた豪華絢爛たる日本美、
風雅な町人文化に魅了される元禄美術の傑作選。
「憂き世」を吹き飛ばす、名品揃いです!
 
 平素は東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度は、江戸時代、特に元禄時代にまつわる絢爛豪華、風雅な町人文化が息づく作品を一堂に会した『華やかなりし江戸元禄』をお届けいたします。

 さて、元禄文化を象徴する言葉に「憂き世から浮世へ」という格言があるのをご存知でしょうか。「憂き世」は辛くはかない世の中、「浮世」は思い思いの享楽に興じて今を生き抜くという意味があります。本誌では、現代社会に蔓延する「憂き世」を吹き飛ばし、貴方様を「浮世」の世界へと誘う名品が勢揃い。ぜひお眼鏡にかなう元禄芸術と巡りあい、浮世の享楽を味わい尽くし、華やかな江戸の風情に浸っていただければ幸いです。

 巻頭でご紹介する「長船清光二選」は、赤穂の討ち入りで活躍した大石内蔵助も愛したほどの名刀。今回は清光の銘が入った室町時代末期の骨董保存刀剣をご用意。美術品としても比類なき所蔵価値を誇る文化遺産をぜひご所蔵ください。元禄を代表する絵画で欠かせないのが浮世絵の祖・菱川師宣作『見返り美人図』でしょう。当時、「師宣の描く美女こそ江戸の女だ」と讃えられるほど江戸庶民を熱狂させました。その人気は留まらず、印象派の巨匠・モネの『ラ・ジャポネーズ』にも影響を与え、一九四八年には切手趣味週間の特殊切手にも採用。日本中で切手ブームを巻き起こしました。極めつけは、お上が許した江戸唯一の遊郭をジオラマ化した『艶―元禄遊郭』(下の写真)。華の吉原を当時のまま漫遊できる一大傑作です。

 さらに、江戸の太公望愛用の和竿や庶民に広まった家紋、お伊勢参りなどの特集を組み、封筒では天下泰平の世を支えた『元禄一分判金』までご紹介。ぜひご愛蔵いただき、お部屋を江戸元禄の色香で充満させてください。
 

「ノンストップ!」の番組で『祝福の薔薇』が紹介されました!


眞子様.jpg
9月4日(月)フジテレビの「ノンストップ!」の番組で、東京書芸館の商品、眞子内親王ご婚約記念 ブローチペンダント『祝福の薔薇』が紹介されました!
 
〇参考価格:86,400円(税込)
〇右記写真はイメージです。
 
この商品を購入する.gif

新商品:世界の名画傘コレクション

世界の名画傘モネ
残暑お見舞い申し上げます。
 
すっきりしない天気が続いております。雨の中、傘を変えて気分転換するのはいかがでしょうか。今回、絵画でも人気のある作品を集めた傘をご用意いたしました。数に限りがございますので、お早目にご注文ください。

 

 

 

ミニカタログ:『日本貨幣・紙幣アルバム』

日本貨幣・紙幣アルバム
 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。この度は充実の内容を誇るオリジナル最新版『日本貨幣史アルバム』『日本紙幣史アルバム』を筆頭に充実の貨幣・紙幣コレクションを一堂にご案内いたします。大人気の逸品がめじろ押しで、圧倒的な価値をご実感いただけることと存じます。他社様では実現できないオリジナルにこだわった最強のラインナップを心ゆくまでご堪能ください。

 弊社で大ベストセラーとなっている貨幣や紙幣を納めた豪華額装。しかし、マンション住まいであったり、お飾りするスペースの関係から泣く泣くご購入をあきらめたという声を多数頂戴しております。そこで実現したのが『日本貨幣史アルバム』『日本紙幣史アルバム』です。『日本貨幣史アルバム』は飛鳥時代の渡来銭から加納夏雄の龍図が光る最高峰銀貨のほか、大人気の皇室貨幣6枚など95種を収蔵。『日本紙幣史アルバム』は大正から昭和の懐かしい紙幣がめじろ押しです。長寿と知性の象徴・武内宿禰の『大正兌換銀行券1円(アラビア数字1円)』から昭和の記憶が蘇るご尊顔が印刷された思い出の名札を多数納めました。もちろん、日本銀行券の顔・聖徳太子の紙幣は百円、千円、一万円も納められています。
また『昭和天皇御在位60年記念10万円金貨』を2枚収蔵し、絶大な支持を頂戴している『昭和コインアルバム』がバージョンアップ。6枚の紙幣を追加した『昭和コイン・紙幣アルバム』として生まれ変わりました。表裏をご鑑賞いただくため、美品以上の商品を厳選しました。愛好家を自負するなら絶対に所蔵しておきたい逸品です。

 さらに、ご注文をいただきながら、確保数に達してしまったため、一部の方にお届けできなかった地方自治法施行60周年記念貨幣『千円カラー銀貨』も入荷しました。この度ご案内するのは堅牢なマホガニー調木製ボックスに納められた、47都道府県完全網羅『千円カラー銀貨47種セット』コレクションボックス入りと稀少価値の高い逸品ばかりを集めた『世界遺産シリーズ』です。いずれも、世界造幣局長会議のコイン・コンペティションの記念貨幣部門で「最も美しい貨幣賞」を受賞した中尊寺金色堂の岩手県や、平成29年7月新たに宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に登録された福岡県をはじめ、市場でも目にする機会が失われた稀少な名貨が納められています。頒布は先着順ですので、なるべくお早めにお申し込みください。

 そして、造幣局発行のミントセットの中でも他の追随を許さない価値を誇る『世界遺産シリーズ』を確保いたしました。平成5年に白神山地、姫路城、法隆寺、屋久島が登録されて以来、世界遺産に認定される度に発行されてきたこのシリーズは発売とともにほとんどが完売する人気コレクション。中には富士山や富岡製糸場のようにアッと驚く仕掛けが施された遊び心あふれるパッケージに納められているものも含まれます。弊社が21年がかりで蒐集した究極のコレクションは絶対に見逃せません。
 このほか、絶対価値を誇る金貨の王様『旧明治金貨』、現存数が減り続ける『明治新金貨』をご用意。年々、取引価格が上昇する名品です。子々孫々と受け継ぐ資産としてこの機会にご所蔵ください。
 

特別企画!『京都クイズ』正解発表!

 たくさんのご応募ありがとうございました。

※平成29年7月31日をもって応募を締切らせていただきました。
※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※クイズに関する質問および、正解不正解のお問い合わせは受付けておりません。ご了承ください。
 
 
ギフト券.jpg
※上の画像は見本です。
クイズを全問正解された方の中から抽選で
104名様に「ギフト券」をプレゼント!
 
 日頃の格別なご愛顧にお 応えし、特別企画を実施いたします。二択クイズに全問正解された 方の中から抽選で104名様に『ギフト券』をプレゼント!
なんと3万円分を1名様に、5千円分を3名様に、ほか100名様には 千円分をプレゼントいたします。
 
問① その昔、「月が渡っている川のように見える」と和歌に詠まれたことから名付けられた京都嵐山の観光名所とは?
 
ロ. 渡月橋
 
問② 清水寺で発見された七福神ならぬ「八福神」の版木。七福神に新たに加えられている神様とは?
 
イ. お多福
 
問③ 「尾形光琳の再来」と称される京都の日本画家・神坂雪佳。その絵が2001年、日本人で初めて、人気ブランドの雑誌の表紙を飾りました。そのブランドとは?
 

 

イ. エルメス 
 
問④ 慶応3年(1867)10月、大政奉還が行われた京都の名城とは?
 
ロ.二条城
 
問⑤ 昨年、金閣寺の発掘調査で明らかになった高さ100mを超える木造建築物とは?
 
イ. 北山大塔

カタログ:『名匠画廊』6号

「大感動です!」と名画との出会いに喜びの声を多数頂戴しております。
本号は彫刻や切手までを網羅した実際の画廊のような特別展を実現 !!
過去最高、前代未聞のラインナップが完成したと自負しております。

 
 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
 「憧れの歴史的傑作をまさかのお値段で!」「探していた名画と巡り会えた」など、喜びのお返事を多数頂戴しております『名匠画廊』。この度は第6号が完成したことをご報告申し上げます。本号は趣も新たに特別展として世界の巨匠にまつわる彫刻作品や切手もご案内しております。ルーヴル美術館公認作品のエドガー・ドガ『脚を上げた馬』『スペインの踊り子』は必見! また、愛好家垂涎の的となっている歌川広重「東海道五十三次」と葛飾北斎「冨嶽三十六景」の全種類を完全網羅した稀少切手『完全未使用シート浮世絵10選』のプレミアム価値は格別です。

 さらに、驚かれないでください。天皇陛下の御心を伝え、実際に皇族が愛でた作品もめじろ押しとなっております。秋篠宮妃殿下紀子様が感動なされた国際オスカー賞受賞作家レイモン・ペイネの『春の訪れ』、横山大観が皇室に献上した『朝陽映島』を筆頭に圧倒的価値を誇る傑作をお求めやすい価格で頒布いたします。稀なる好機にぜひご愛蔵ください。

 このほか、現代に残る数少ない名人が手掛けた文化財級の版画作品も確保することに成功しました。東京伝統木版画工芸協同組合による復刻事業として制作された葛飾北斎の大錦判『諸国名橋奇覧』、創業125年を超える京都・芸艸堂の蔵に残された全710枚の版木で摺り上げた『北斎漫画』は今後さらに稀少性を増すことと思われます。

 もちろん、制作部数に限りのある肉筆画も多数取り揃えております。日本画家・中川幸彦氏が勝利の瑞鳥を描いた『鷲』、世界的偉才・白道氏が勢いある筆致で描き上げた墨画『飛龍観音』は完売必至です。そして、稀代の女流画家・鈴木優莉氏に直々にお願いに上がり、本号にギリギリ間に合った東京書芸館オリジナル『功徳』をお届けできる運びとなりました。癒しをもたらす色彩をご覧いただき、恍惚の透明感に酔いしれてください。

 絵画がある生活は心に安らぎや活力をもたらし、日常を潤いのあるものとします。本号は過去最高のラインナップを実現したと自負しております。隈無くご覧いただけば、貴方様の高い審美眼に叶う作品がきっと見付かるはずです。

株式会社トップアートの通販事業の承継に関するお知らせ

平素より格別なるご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
さて、株式会社東京書芸館(以下「弊社」と申します。)と株式会社トップアート(以下「トップアート社」と申します。)は、トップアート社の通販事業を弊社が譲り受けることで合意し、平成29年6月1日をもってトップアート社の通販事業の一部を承継致しました。本事業承継を機に、皆様の高い審美眼に叶う、更なる価値ある作品を提供させていただくべく、従業員一同一層精進してまいります。倍旧のお引き立てのほど、何卒宜しくお願いいたします。
 
弊社では、本事業承継を機に、これまで以上に厳重にお客様の個人情報を管理するとともに、従前の個人情報利用目的の範囲内でのみ、お客様情報を利用して参ります。弊社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。
 
なお、本事業承継では、トップアート社が過去に販売した商品の修理及び返品、未出荷商品の出荷(頒布会を含む。)並びに前受金のご返金等を含む債務関係は対象となっておらず、弊社はお受け致しかねますので、ご了承ください。

ミニカタログ:『ふくろうミュージアム』Ⅱ

 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。この度は、高級素材や名匠の手技が光るふくろうの美術作品が集結した永久保存版『ふくろうミュージアムⅡ』をお届けします。以前ご紹介した第1号は大変な好評を博し、限定数を有に超えるお申し込みをいただきました。今回も生粋のふくろう好きから、福を呼び込みたい貴方様まで必見の傑作をご案内します。
 
 今、日本はかつてない「ふくろうブーム」。町のペットショップに行けば本物のふくろうに出会えるし、ふくろうと遊べる「ふくろうカフェ」も賑わいをみせています。この流行に遅れまいと、かくゆう私も、ふくろうの名品を飾り、経営者としての成功と繁栄を「幸せを運ぶ瑞鳥」に託しています。
 
 まず、大注目は木版画の巨匠・井堂雅夫画伯の肉筆アクリル画『森』・『親子』。通常、個展など然るべき場所でしかご入手いただけない貴重な1点ものの名画です。日本の剥製業界を牽引するアトリエ杉本が満を持してご提供くださった『剥製シロフクロウ』は、あの超有名映画・ハリーポッターシリーズで活躍したものと同種のふくろうです。封筒裏の『世界のふうろう切手コレクション』は10カ国30枚ものふくろう切手が収蔵された決定版。発行当時の美しさを保つ未使用切手のみを額装に仕立てた価値あるコレクションです。
 
 素材にこだわった逸品も見逃せません。巻頭の『北の使者―シマフクロウ―』は北海道石狩川に眠った貴重な神代楡を使用。他にも現存数が激減しているマンモス牙を用いた『豊穰の梟』、純金を余さず用いた『黄金の瑞鳥』『朧月』など贅の限りを尽した至高の作品もご用意しました。このほか、ふくろう好き垂涎の逸品や縁起物に目がない方も大満足の名品を厳選して掲載。どうぞ隅々までご覧になり、貴方様のお眼鏡にかなうふくろうと巡り会ってください。

ミニカタログ:『ガラス貴族』創刊号

 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。この度はきらめきの宝石と尊ばれるガラス芸術を一堂に集めた『ガラス貴族』をお届けします。食卓やリビングに新鮮な空気を運び、日々の生活や晩酌を至福の時とする逸品揃いです。中には博物館級の作品も含まれます。古今東西、世界の超一流芸術家が生み出した至宝を心ゆくまでご堪能ください。

 「クールジャパン」の象徴ともいえる日本伝統的工芸品。今回ご紹介する薩摩藩ゆかりの伝統技が生んだ片口酒器揃え『水廉』と、作品を熱望する人が数年も待つ江戸切子士・門脇裕二氏が手掛けた琥珀地江戸切子『シャンパングラス』2種セットはその代表格です。細密な紋様が描き出す幻想美はまさしく銀河がきらめく小宇宙。光り輝くガラスの魔力に酔いしれ、ご家宝としてご愛用いただけたら幸いです。また、創業95年の老舗・堀口硝子の熟練職人が丹念に彫り上げた4寸もある江戸切子の鳴り物仏具『三瑞花おりん』は東京書芸館オリジナル作品。お客様も羨望の眼差しを向けることと存じます。絶対にこの好機をお見逃しないよう宜しくお願い申し上げます。

 さらに、ガラス工芸の世界的権威・由水常雄氏が韓国国立中央博物館収蔵の至宝を復刻したローマン・グラス『ブラウンマーブル』は必見です。一本の鉄パイプの先端の溶解ガラスに息を吹き込み、膨らませて器を作る「吹きガラス」の技法によって生み出された当時の風合いまで復刻。なんと茶色のガラス棒をよく馴染ませ、紐状に引き延ばしてから、杯に螺旋状に巻き付ける熔着装飾まで施されています。また、氏による正倉院宝物傑作選『緑琉璃十二曲長杯』『紺琉璃盃』『白琉璃碗』『白瑠璃水瓶』も悠久の時をご実感いただける逸品ばかり。まとめてご所蔵いただけば、いっそう所蔵する喜びが増すことと思われます。

 このほか、最高級ガラスブランドの大傑作もご用意しました。『煌めきのふくろう親子』は卓上の芸術と称されるマイセンクリスタルの醍醐味を心ゆくまでご堪能いただけます。熟練職人が水晶彫りの技法・グラヴィールで彫り込んだかわいらしい親子ふくろうはご尊家に多幸を呼び込み、さらなる発展をもたらすことでしょう。そして、チェコの名窯・エーゲルマンが生み出したガラス宝石『ワイングラス&デカンタ』3点セットのエングレーヴァーが下書きなしで彫り上げた細密な模様とグレイズ技法が生み出すルビーを彷彿させるエーゲルマンレッドの美麗なこと。ハンドペイントで施されたゴールドを愛でながらご自慢のワインを召し上がるとは、筆舌に尽くしがたい無上の贅沢に違いありません。

 今回ご紹介の作品の中には、アール・ヌーヴォーを代表するドーム兄弟の遺作の一点物『オランダ雪景色文花瓶』『樹林文花瓶』も含まれます。ご希望の作品がございましたら、お早めにお申し込みください。

ミニカタログ:『138億年の宇宙芸術』創刊号

 日頃は東京書芸館をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。私たち人類が、憧れてやまない宇宙。その誕生はおよそ138億年前のビッグバンに溯るといわれています。この世の森羅万象が生み出され、果てしない年月が経過した今、宇宙に関する話題は尽きることがありません。本年に入ってからも、太陽系から39光年離れた地点に、水をたたえる地球のような星が発見されたという大ニュースには私もたいへん驚かされました。
 
そこで、今回は宇宙への感動と興奮を一人でも多くの皆様にお届けしたいと思い、『138億年の宇宙芸術』と題し、全人類の憧れである宇宙にちなんだ芸術作品を一堂に取り揃えた最新号をご案内いたします。

 この度の大注目は、太陽と月をイメージした宇宙モデルの高級腕時計『トラベラーズ』。複雑機械式時計の最高峰として名高いトゥールビヨンを搭載した至高の名機を27万円というお値段でお買い求めいただける機会は滅多にありません。
 
また、46億年前の姿を留めた鉄隕石『カンポ・デル・シエロ隕石』も必見です。これほどまで状態が良く、圧倒的な大きさを誇る巨塊は、まさに博物館級ともいうべき貴重な逸品です。青き星・地球の海で育まれた生命の起源である三葉虫特集やアンモナイトの高品質化石をはじめ、現代の海を謳歌する生き物の究極の造形美をご堪能いただける透明標本もご用意。このほか、チタン合金やカーボンなど、芸術性と実用性を兼ね備えた『天体望遠鏡 アンティーク仕上げ』などここでは紹介しきれないほど、充実のラインナップを実現しました。
 
ぜひ、宇宙の魅力をとじ込めた名品をお手元に置いていただき、誕生から138億年の大宇宙に想いを馳せてください。

新商品:東山魁夷『白馬の森』

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。今回は文化勲章受章作家にして、逝去後、勲一等瑞宝章を授与された昭和の国民画家・東山魁夷の代表作『白馬の森』をお届けします。本作は人間の視覚に極めて近い色彩を再現する最新の工芸技法によって制作。シリーズ「白馬の見える風景」の中で最も人気が高く、富士山五合目の深い森に華麗に佇む平和と清浄の象徴・白馬が心に迫ります。他社様よりいち早く弊社が先行販売を行うこの好機にご所蔵ください。
 
 東山ブルーの幻想的な森に躍り出た一頭の白馬。どこからやって来て、どこへ行こうとしているのでしょうか。あたりの気配を窺うような姿を見ていると、まるでピアノの独奏とともに時の流れを演出しているような錯覚を覚えます。富士山五合目を題材に描かれた『白馬の森』は東山魁夷が若かりし日、留学生活を送り、戦争のため帰国を余儀なくされた北ドイツやオーストリアへの思いが強く投影された作品として広く知られます。というのも、当時からこの地は無数の針葉樹が生い茂る「天地の境」「天狗の庭」とも称される秘境。実際に奥へと足を踏み入れ、神秘の光景を目の前にして写生することは難しかったと想像されます。そのため、前年、36年ぶりに旅した思い出の土地の印象がキャンバスに自然と現れたのでしょう。何より、人物がほとんど登場しない東山作品にあって、この作品には大きな特徴があります。主人公の白馬が一連の「白馬の見える風景」の中で最も大きく描かれている点は見逃せません。
 
 「留学時代、第二次世界大戦へと世相が傾いていく中、絵を描き続けられるのかどうか、不安に揺れ、白馬をしきりに描いた経験がある。彼の存在は私の分身であり、描き続けられる喜びの表現なのだろう」
 
 自然を愛で、澄んだ空気を満喫しながら画に没頭する何事にも代えられない幸福感。心に住む清浄の象徴が圧倒的な存在感を放つ不朽の名作は、光と影の魔術師と崇敬の念を集める昭和の国民画家が原点に立ち戻り、平和な世と汚れなき自然のありがたさを綴った人生の物語に違いありません。
 
 現在、富士山五合目は整備され、晴れていれば眼下に山中湖、富士吉田市、河口湖を一望できる一大観光地です。その様子は東山魁夷が本作を描いた当時とは趣を変えてしまっています。私は決してこれを否定しません。しかし、本作に表現されているような自然の偉大さと神秘性を感じることはもう難しいでしょう。だからこそ、発表から45年が経った今も幽玄なこの作品は私たちの心に響くに違いありません。

ミニカタログ:葉小鵬『珠玉の木彫芸術』

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。この度は、中国木彫界を牽引してこられた名匠・葉小鵬先生の創作活動25周年を寿ぐ特別企画『葉小鵬 珠玉の木彫芸術』をお届けいたします。
 
 中国国家級工芸美術大師―。日本で例えるなら「人間国宝」に限りなく近い作家と絶賛される名匠こそ、葉小鵬先生です。日頃の研鑽と天賦の美意識で、写実性、芸術性ともに優れた作品を次々に生み出し、2016年、ついにG20杭州サミットの展示作品にも選出。安倍首相をはじめ各国要人の目に触れるまでに至りました。その驚くべき彫技は、木彫界から「金彫手」(黄金の手を持つ名匠)と呼ばれています。
 
 葉先生と長らくお付き合いがあり、数多くの作品をご案内してきた弊社といたしましては、今回の慶事をたいへん嬉しく思うと同時に、人間国宝に匹敵する彫技と美を一人でも多くの方に伝えたいという気持ちが込み上げてきました。ご紹介する木彫はどれも素晴らしい名作ばかりですが、中でも最新作となる『地蔵王』は絶対に見逃せません。いかなる場所にも駆けつけ、手に持つ天然水晶の宝珠で全邪を祓い清める地蔵菩薩のご尊顔は、深い慈悲をたたえ、眺めるだけで除災除厄のご加護を授けてくれるようです。
 
 京都・三千院所蔵の国宝仏に相を得た『阿弥陀三尊』も必見です。ここでは、寺院用の大型仏像を特注にて承ります。他にも、仏像や彫像など葉先生の超絶技巧が冴え渡る、選りすぐりの傑作をご用意しております。世界的な評価の高まりによる価格高騰や入手困難となる前にぜひお申し込みください。
 
 
葉小鵬先生の作品に寄せられた感動の声をご紹介!
 
 『阿弥陀三尊』を床の間に飾り、毎日拝んでいます。その穏やかなお顔を眺めるだけで、不安が取り除かれていくようです。我が家の守護仏として、息子や孫の代まで大切に伝えていこうと思います。素晴らしいご本尊をありがとうございました。
86歳男性
 
 仏像巡りが趣味で、年に2日しかお目にかかれない大阪観心寺の『如意輪観音』さまを手元に飾りたいとの想いで申し込みました。豊満でどこか女性らしいお姿、繊細な装飾、光背や台座も国宝仏に迫る出来映えで、大変満足しています。   
61歳女性
 
 葉先生の『武聖』に一目惚れしました。部屋に飾るだけで三国志の名将・関羽が戦場を駆け抜けるような躍動感、その圧倒的な迫力に家族一同、魅了されています。先生の新作が、早くカタログに掲載されないかと待ち遠しいです。            
75歳男性

ミニカタログ:『日本貨幣傑作選』 8号

 平素は東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
この度は大好評の『日本貨幣傑作選・八』をお届けいたします。一枚お手元に置けば、もう一枚欲しくなるのが貨幣です。今後さらに稀少性を増す逸品を網羅した本号をご堪能ください。
 
 2016年10月3日に開局した造幣さいたま博物館に足を運んで参りました。一言で感想を述べるなら圧巻! 「地方自治法施行60周年記念貨幣」の原版や国民栄誉賞のメダルなど興味深い展示品が満載で、ご覧いただけば、きっと大きな感動を味わっていただけることでしょう。そこで、本号では同館のショーケースに陳列された輝ける名貨の芸術性を皆様にもご共有いただきたく、特に目を引いた『千円カラー銀貨』『500円記念貨』をズラリと揃えました。
 
 まず注目は『千円カラー銀貨コレクション プレミアムシリーズ』です。世界造幣局長会議のコイン・コンペティションの記念貨幣部門で「最も美しい貨幣賞」を受賞した岩手県は世界遺産・中尊寺金色堂をデザイン。高知県は没後150年を迎えた今も人気ナンバーワンの坂本龍馬が存在感を放ちます。このほか、高額で取り引きされる計6枚を収蔵! いずれも市場からすっかり姿を消した幻の逸品です。さらに郵政省のふるさと切手5枚シートを同時収蔵した『千円カラー銀貨』と『500円記念貨』のバインダーセットを47都道府県すべて網羅した『日本列島パーフェクト版』をそれぞれご用意しました。知的な雰囲気の漂うこのコレクションは他のセットと比べて圧倒的人気を誇り、目にする機会さえ失われています。頒布は確保数のみとなっております。絶対にこの好機をお見逃しないようお願い申し上げます。
 
 さらに『新幹線鉄道開業50周年記念貨幣百円クラッド貨』が造幣局オリジナルのケースとファイルに納められたセットを2種類ご用意しました。もちろん、虹色発光仕上げが美しい『同千円銀貨』はこの度、初めてのご案内となる『平成コインアルバムⅡ』に収蔵されています。
 
 そして、熱烈なご要望により、日本から失われつつある『旧明治金貨』『明治新金貨』も緊急入荷しました。現在、すべてが過去に例を見ない品薄状態にあり、これほど入手に苦労した記憶はございません。本号では心苦しいばかりですが、わずかながら値上げさせていただきました。しかし、このような中、『明治新金貨』は、初めて20圓、10圓、5圓を納めたお買い得な三種セットを実現しました。全品ともにさらなる値上がりが見込まれます。ぜひ究極の価値と芸術性を誇る貨幣を目にした時の興奮、蒐集する喜びを実際にお楽しみいただけたら幸いに存じます。

弊社類似の詐欺サイトにご注意ください!3/2詐欺サイトURL追加

 詐欺サイト.gif

 

悪質なショッピングサイトにご注意ください!!

 

平素は東京書芸館をご利用頂き誠にありがとうございます。
 
現在、弊社が運営しております下記URLサイト以外で弊社社名、商品画像、テキスト等を無断で使用した悪質な詐欺サイトの存在が複数確認されております。
 
 
これらのサイトに関して弊社とは一切の関係がございません。
 
 
また、販売価格につきましても、お客様から見た価値観に見合っているかを徹底的に検討をした価格になっておりますので、一部商品を除き、価格表示の値引きなどは致しておりません。
このような悪質な詐欺サイトをご利用になった場合、入力した個人情報が悪用されたり、代金をお支払いされましても商品が送られてこない等の詐欺被害につながる恐れがございます。お客様におかれましては詐欺サイトへのアクセスや、個人情報の入力、ご注文、ご決済をされないようご注意ください。

弊社運営サイトのURL(アドレス)は下記になります

 

  • 東京書芸館 自社サイト
      http://www.shogeikan.co.jp/
  • 東京書芸館 楽天市場
      http://www.rakuten.ne.jp/gold/shogeikan/
      http://item.rakuten.co.jp/shogeikan/
 
 

現在までに確認されている詐欺サイトURL

 
「KAWAII」
http://www.kaipara.win/index.php?main_page=product_info&products_id=49894
http://www.kaipara.win/index.php?main_page=product_info&products_id=49745
 
「生活雑貨」
http://www.yrggek.pw/s/%E6%9B%B8%E8%8A%B8%E9%A4%A8/
 
「free Delivery」
http://www.kapebi.loan/index.php?main_page=product_info&products_id=9922
 
「on-line shop」
http://www.worksartnice.win/

http://ambar.net.br/jvfvmc-lpvw/v129806-scge-r20001102227115-arjaliwx/

http://anapa-mirabel.ru/updatecore/lcky-gjuaip-vskh-xusgwqs-inie-o20001102227115-hccnl-d129806-uqarpygp-bfsdfrx-ioqdx-sxkngvod/

http://bitcoinpresscenter.com/index.php/rbsmz-vpmu-zrxkbs-jgdlc-qnomigy-k103677-myzl-uxzzumd-g20001102211519-buzaucp/

http://concept-pharm.com/pxucxeu-lcgyhc-urmrsxjg-xevrm-eqegjvb-gtabvcz-k103677-uegaef-g20001102211519-qhocmf-zekuyl.jsp

http://concept-pharm.com/vofdcxa-fottb-boyns-bekp/wqathnwp-xpjrak-k129806-pnzfei-rqjboke-xglpgf-g20001102227115-xnletoj-cjlfuad.jsp

http://dereklloydsaathoff.com/wp-content/Hotsale20151012-28385.html

http://englishplanet.com.pl/xkkixbo-tthdqthk-k129806-kxpsvft-g20001102227115-iuojskl/irkuq-ybyo-uyxjszq-yvws-jwoymie-vwabtqs-wkxuu-fxaao/

http://fastnajar.com/manager/k9836-ugqsi-g20001103296541-bueid/ovlvrxr-jzvqaj/

http://fejs.org.pl/wp-includes/20151008-28385.html

http://icim.regim.org/updatecore/aftevk-fnzccsy-vbpfq-bbdsi-vgby-eoubdd-drmd-v103677-flfmxb-deot-r20001102211519-iyuehkj/

http://kklawikowski.pl/gigcmpuv-yjgele-piej-czlknk-kotattk-jimub-r20001102227115-jhos-dagfdu-v129806-tlxizme/

http://magik.pila.pl/widgets/zpyieehv-ecen/o20001103296547-xstfajnl-d9838-ljavel-qvrzpckg.do

http://mikejameshoops.com/wp-content/JK/shelf/Onsale20151012-28385.html

http://mikejameshoops.com/wp-content/kotatsu/Onsale20151012-28385.html

http://mikejameshoops.com/wp-content/o73/Onsale20151012-28385.html

http://mikejameshoops.com/wp-content/Onsale20151012-28385.html

http://nafworld.com/styles/f9836-xhsn-r20001103296541-zsuuwzv-tvnfc-cittsbp.htm

http://nauka.tashiit.uz/menus/zwstsh-g20001103296541-tjauh-fzmbuv-eejvqqem/inai-vmng-k9836-enpdkt-ezqjl-foxc-qalj.shtm

http://nr.k12.wa.us/bmzj-klellpbl/d103677-attzmio-drmfgwkq-o20001102211519-hkub.do

http://rejeufea.org/esef-g20001103296541-k9836-payzmm-ivlt-osjmrs-jxpgsgp.do

http://tanhoa.edu.vn/profile/epdcjpq-dtma-nrthaswi-liknhvvd/cujy-g20001102227115-uxvligh-k129806-ljwwwuns-mwlgwtvl-kajpna-jwjayj.htm

http://tartakalmar.pl/styles/ydjknfk-yxhtdl-awfs-aqnouiu-gnkx-d103677-pzkock-gbeizj-o20001102211519-yupamd/

http://www.botta-lab.eu/tools/hysnqq-f191061-wuwtjebd-benocn-lnxs/r20001103436944-gswfef-dndty-rnxv-ndyw-hmamwuq-ytxgdat.xhtml

http://www.cgc-consultants.com/pressthis/m20001103436944-pfclj-h191061-fuvrnikz-podgkq-gkzdsrd/

http://www.cgc-consultants.com/pressthis/ondtylq-h9836-cdiy-cnxar-m20001103296541-vwjfyay-qypy-eouxr-npzgn.php

http://www.cgc-consultants.com/pressthis/pfclj-m20001103436945-h191061-fuvrnikz-podgkq-gkzdsrd/

http://www.fetalmedicine.org.tw/styles/index.php/bcmnoz-f191061-idnyt-swovuv-dtdgtkfm-ckppvped-iddbnoxk-wvlxesz-r20001103436944-drennnj-qzpg-pyndvamz/

http://www.imaginariumart.com.pl/install/mzahgo-vwccdeo-juofkgsn-lpvfp-wwnpl-peiqhwdo-ttdxbmv-g20001103296547-gkobssry-k9838-titmcor-lxqqhywa/

http://www.ivisoft.it/index.php/bfjrrs-m20001102227115-rsdo-ukjxqh-vbcntt/npqsnanc-qpmofj-h129806-strxl-gdggfu-izmuf-crlp-vbkmlj.action

http://www.mnnk.usz.edu.pl/axwnbdt-tuktolop-ttdyii-kdjoqilt/xrmndip-fofc-g20001102227115-aiyikije-nnflny-k129806-cpng/

http://www.nicopiastad.se/install/flobyk-kzdoznz-kzxibm-ahsnfgzb-clir-wbgxlwne-pqujay-o20001103296547-ueovijin-d9838-qjhqvtj-zhadq.cgi

http://www.propiedadesasumedida.cl/npsrepj-r20001102227115-zrrlhz-f129806-yztgzeqd-mygas-jeks-omyyt.cfm

http://www.ritsa-hotel.com/parseopml/r20001103436945-isfxjdr-v191061-yqxwagfe/fuuwfuc-zishpk-xikzuegl.cfm

http://www.saran.ber.te.ua/revision/index.php?keyword=igxs-fyscm-szbrlah-sawxpud-kwhju-xnqa-h103677-malxswds-m20001102211519-gkxmhwz-rnyqthcj-igxs-fyscm-szbrlah-sawxpud-kwhju-xnqa-h103677-malxswds-m20001102211519-gkxmhwz-rnyqthcj

http://www.scanshippingchile.com/install/index.php/yskvmitb-ekkqot-tjsnb-ulivqlv-llyq-iqbwvln-d129806-uedbyiud-o20001102227115-qeyzvxnv-xikpn-txyxzj.cgi

http://www.skanujfaktury.pl/wwmtds-etzx-d129806-ylnqav-o20001102227115-yjkbs/

 
 

被害に遭われた場合

 
詐欺サイトの被害に遭われた場合、できるだけ早く、商品のやりとりが分かる内容、支払い明細等を持って、最寄りの警察署へ相談をして下さい。
 
 

少しでもおかしいなと感じたら

 
弊社フリーダイヤル(0120-807-577)までご相談下さい。
または最寄りの警察署をお願い致します。
 

 

新商品:ミャンマー翡翠 細密一石彫り 伍輝 満願神通『遊仙境』

 平素は東京書芸館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
 
さて、昨年9月、私のもとに思わぬ吉報が舞い込んできました。日本の石(国石)として翡翠が認定されたというのです。思えば、勾玉や装飾品など日本人の歴史とともに歩み、親しまれてきた翡翠芸術。長年、皆様のもとに翡翠作品をお届けしてきた身としては、たいへん意義深いことで、この上なく喜ばしい出来事でした。
 
 このように翡翠人気が高まる中、以前ご紹介させていただきましたミャンマー翡翠原石は、たいへんなご好評をいただき、慶びの声が多数寄せられました。その中に、「翡翠を使った彫刻作品が欲しい」「手の届く価格で見栄えの良い翡翠芸術を置きたい」とのご要望も頂戴しました。そこで、弊社では、翡翠価格が高騰する中、できるだけ安価で皆様にお届けしたいという想いから、ミャンマーにスタッフを派遣。現地で直接交渉を重ねることで、かつてない大きさと色艶を誇るミャンマー翡翠を緊急入手。玉石彫刻の達人である伍輝氏に依頼し、限られた原石をもとに翡翠の魅力を最大限に活かした『満願神通 遊仙境』をようやく完成させました。
 
 本作のモチーフは中国歴代皇帝や偉人たちが血眼になって探し求めた《不老不死の理想郷》。神気に満ちた絶景を眺めるだけで、神通力を感じ大いなる福徳が授かれるようです。極めつけは、伍輝氏の神がかり的な彫刻技術。翡翠に彫り出された、針のような松葉、枯木を感じさせる幹、橋や楼閣、語りあう仙人などをご覧になるだけで、いかに優れた技巧が注がれているかをご理解いただけることでしょう。
 
 また、同じくミャンマー翡翠を用いた『招福握り石 傑作4選』をご案内。日々のお守り・宝飾品としてはもちろん、握るだけで心地よく、仕事や家事などの合間にリラックスできる逸品です。とろけるような淡い緑色を誇る高品質ながら34,600円という特別価格での頒布は絶対に見逃せません。
 
 現在、産出量が激減、輸出制限がかけられ、価格が5倍〜10倍にまで跳ね上がっている幻の翡翠を贅沢に用いた国宝級文物をお手元に置く機会は今しかありません。歴代皇帝や偉人たちが永遠の命を願い、翡翠を愛でたように、貴方様も健康長寿のほか、福徳招来や厄除けなど、満願成就をご祈念いただき代々のご家宝としてお伝えください。

「くまモンオフィシャルサイト」に掲載 !

 
くまモン時計.jpg
 
 
銀無垢ダイヤモンド『ハートフルウォッチ~くまモンバージョン~』
「くまモンオフィシャルサイト」くまモングッズに
『ハートフルウォッチ』が掲載されました!
 

明けましておめでとうございます。

年賀.jpg
昨年は格別の御厚情を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 
本年も社員一同、皆様にご満足頂けるサービスを心がける所存でございますので、 何とぞ昨年同様のご愛顧を賜わりますよう、お願い申し上げます。
 
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

『ご愛顧御礼特別クイズ』正解発表!

 57号クイズ.jpg

たくさんのご応募ありがとうございました。

※平成28年11月30日をもって応募を締切らせていただきました。
※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※クイズに関する質問および、正解不正解のお問い合わせは受付けておりません。ご了承ください。
 
 
ギフト券.jpg

 

※上の画像は見本です。

クイズを全問正解された方の中から抽選で
104名様に「ギフト券」をプレゼント!
 
 日頃の格別なご愛顧にお 応えし、特別企画を実施いたします。二択クイズに全問正解された 方の中から抽選で104名様に『ギフト券』をプレゼント!
なんと5万円分を1名様に、1万円分を3名様に、5,000円分を5名様に、ほか95名様には 1,000円分をプレゼントいたします。
問① 平成4年、皇太子殿下がご婚約直前に山代温泉でお買い上げになられた焼物の種類といえば?
㋑ 九谷焼
 
問② 平安京の南に存在した、邪気や悪霊を祓うために建てられた門とは?
㋑ 羅生門
 
問③ 多くの芸術家が魅了され題材とした、「花王」「富貴花」と呼ばれる花とは?
㋺ 牡丹
 
問④ 極楽浄土へ導くという阿弥陀三尊。その中で阿弥陀如来の「智慧」の化身とされている仏様とは?
㋑ 勢至菩薩
 
問⑤ 今年、生誕300年を迎え話題を呼んだ江戸時代中期の「奇想の絵師」とは?
㋺ 伊藤若冲
 
問⑥ 武運の神として親しまれ、財運と大願成就を手助けするとされる神様とは?
㋑ 毘沙門天
 
問⑦ 沖縄の守り神・シーサーのなかでも、這っている姿のシーサーを沖縄の方言で何と言うか?
㋑ ホーヤー
 
問⑧ 最大級の弾を発射する、イスラエル発祥の特大ハンドガンとは?
㋺ デザートイーグル
 
問⑨ ワシントン条約により厳しく取引制限されている鼈甲。その原料となる海の生き物とは?
㋑ タイマイ
 
問⑩ 天然記念物・屋久杉のなかで最古の木とされる縄文杉の推定年齢は何歳?
㋺ 7200歳

ミニカタログ:『名匠画廊』 5号

 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
 
この度は大好評いただいております『名匠画廊』第5号をお届けします。美術史に名を残す国内の巨匠の傑作や現在、大きな話題を呼んでいる有名作家の傑作まで、価値ある作品のみを一堂に取り揃えました。新年を寿ぐおめでたい吉祥画も満載です。名匠が生み出した世界に浸りつつ、世界の美術史へ大いなるロマンを馳せてください。
 この度は東京藝術大学大学美術館としては初の試みである所蔵原画の復刻作、橋本雅邦の『白雲紅樹』をご案内できることになりました。琳派の流れを汲みながら、日本画の新境地を切り開き、後の画壇にも多大な影響を与えた日本芸術界の至宝をご自宅でご鑑賞できるのは最高の喜びに違いありません。絶対に今回という好機をお見逃しないよう宜しくお願い申し上げます。
 
 さらに、文芸雑誌「文藝春秋」の表紙絵でおなじみの日本画壇の重鎮・平松礼二氏が東北大震災の復興を願い、制作した『日本の祈り花は咲く』も大注目の作品です。本物の金箔の空を背景に堂々とそびえ立つ赤富士。なんと冠雪いただく霊峰を描き出しているのは真紅と純白の花々です。遠くで眺めて大感動、間近でご覧いただけば、驚愕の美の世界に思わずため息がもれることでしょう。
 
 そして「ピカソより普通にラッセンが好き」の流行語で大脚光を浴びている光の魔術師、クリスチャン・ラッセンの傑作二選と、不世出の天才パブロ・ピカソの原版リトグラフで印刷した正真正銘の本物三作をご用意しました。ラッセンの画業40周年記念作品『セレスティアルハーモニー〜天界のハーモニー』は黄金に染まった夕焼け空をバックに華麗に宙を舞う雌雄のイルカの姿が実にドラマティック。原点回帰を試みた『オーシャンエンジェルズⅡ〜海の天使たち』はまばゆいラッセンブルーに目を奪われます。ピカソにつきましては『アルルの女』『縞模様の女の顔』『笛であそぶガーゼル』を特別に蔵出しいたします。いずれも孫娘にあたるマリーナ・ピカソ氏が埋もれていた原板を発見、再印刷し、パブロ・ピカソ財団の認可のもと500部限定で制作された稀少な作品です。この度は12万円もお得なセット価格を実現。世界中を探し求めても、ほとんど流通していない至宝をぜひご所蔵ください。
 
 さらに、本号では大人気作家の肉筆画を多数ご用意いたしました。日本画家・中川幸彦氏が大きく花を咲かせる百花の王・牡丹を描き上げた『紅白牡丹』は家族の絆、包み込むような両親の愛をテーマにした傑作。数々の超絶技法によって描かれた心温まる世界に偉才の本領をご堪能いただけます。また、オリンピック金メダリストの肖像画の依頼を受けるほど、絶大な支持を受ける田伏勉氏の『モンサンミッシェル』を確保することに成功しました。クレパス画の第一人者による幻想的な作品をぜひ間近でご堪能いただきたく存じます。このほかにも心潤す名画を多数ご案内しております。貴方様の高い審美眼に叶う作品を見付けていただけましたら私どもといたしましてもたいへん喜ばしい限りです。

年末年始の営業のお知らせ

年末年始のお知らせ.gif
年末は12月29日(木)17:30まで
年始は1月5日(木)10:00から営業させていただきます
 
12月30日(金)~1月4日(水)のご注文に関しては、フリーダイヤル、FAX、ホームページで24時間受付けております。また、商品のお問い合わせはフリーダイヤルで24時間対応させていただきます。
ホームページでのお問い合わせは1月5日(木)より返信させていただきます。
 
フリーダイヤル:0120-807-577
FAX:03-3762-7609

 

某社倒産につき、商品でお困りの方はお問い合わせください

 トップアート.gif

某社倒産につき、
商品でお困りの方は
弊社までお問い合わせください。
 
フリーダイヤル:0120-807-577
FAX:03-3762-7609

特別企画『伝統工芸クイズ』正解発表!

 工芸クイズ.jpg

たくさんのご応募ありがとうございました。

※平成28年11月30日をもって応募を締切らせていただきました。
※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※クイズに関する質問および、正解不正解のお問い合わせは受付けておりません。ご了承ください。
 
 
クイズを全問正解された方の中から抽選で
50名様に「日本の伝統工芸品」をプレゼント!
 
 日頃の格別なご愛顧にお 応えし、特別企画を実施いたします。二択クイズに全問正解された 方の中から抽選で50名様に「日本の伝統工芸品」をプレゼント!
問① 海外の美術評論家が「白色に光り輝く最高の磁器」と絶賛した焼物とは?
ロ 平戸焼
 
問② 今年開催された伊勢志摩サミットで、各国首脳に贈られた万年筆を手掛けた職人は何の職人?
イ 肥後象嵌
 
問③ 夏目漱石の名著「吾輩は猫である」にも登場。明治時代に一世を風靡した高級鉄瓶店とは?
イ 龍文堂
 
問④ 江戸時代の茶人・小堀遠州が考案した庭園の芸術作品とは?
イ 水琴窟
 
問⑤ 昔から穢れを祓うとされ、仏教の七宝の一つにも数えられる稀少石とは?
ロ 水晶
 
問⑥ 昔ながらの菜種油煙墨を作るのに必要な主原料は菜種油と何か?
イ 膠(にかわ)
 
問⑦ 金属を叩いて立体的な形を生む伝統技法とは?
ロ 鍛金
 
問⑧ 歌川広重の代表作「東海道五拾三次」で使用された青い染料とは?
イ ベロ藍

Facebook開設しました

facebook.png

よろしくお願いします。

ミニカタログ:『匠の奥義』創刊号

 皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 
昨今、空前のブームとなっている日本文化。特に日本製〝メイド・イン・ジャパン〟の品は海外でも広く親しまれ、外国人からしても身近な物になりつつあります。このような中、日本各地で脈々と伝統を受け継ぎ、日本のものづくりを象徴するのが伝統工芸品です。ところが近年、その高度な技を受け継ぐ後継者不足や国産素材の価格高騰が深刻な問題となっています。いま人知れず消えつつあるわが国の伝統工芸品。「これではいけない」「素晴らしい伝統工芸を絶やさず子や孫に遺したい」「伝統工芸の素晴らしさを少しでも多くの方々に知っていただきたい」と多くの職人さんからの声を受け、世界に誇る日本の伝統工芸品のみを取り揃えた特別号『日本伝統工芸コレクション 匠の奥義』をお届けいたます。
 
 まず注目したいのが岩手伝統の重厚優美な和家具『岩谷堂 小箪笥』。作者の及川長陽氏は東日本大震災で被災した箪笥を復元してきた名匠です。漆黒の中に星屑のような紋様が映える『グラス〜宵神楽〜』『酒盃』は、実現不可能とされていた薩摩黒切子を完成させた逸品。このほか屋久杉の無垢材を手彫りした神棚『瓦屋根一社』や、磯に潜む蟹を表した『岩に金目蟹鉄瓶』なども見逃せません。本誌では熟練職人の受け継がれる奥義にも大注目です。釘を一切使用せずに組み上げる江戸指物の『回転鏡』『姿見』、日本刀を由来とする安来鋼を鍛え上げた『青龍白虎開運包丁』、国産原料を使用して練り上げる鈴鹿墨『菜種油煙墨 瑞天』など暮らしに根付いた芸術作品を数多くご紹介しています。
 
 
 特集を組むのは伝統の飴釉で侘び寂びの世界を生み出す、石川県伝統の大樋焼。この名窯の主である泉喜仙氏が三代襲名記念として作陶された傑作4点を掲載。また、人間国宝の超絶技巧で生まれた銘品2点も見逃せません。奥山峰石氏のぐい呑み『桜』は銀板を鍛金の妙技で叩き、形造った華麗なる逸品。故三代德田八十吉氏の手元供養用寿壺『碧空』は德田氏自らが生前に銘を打った貴重な作品です。いずれも人間国宝が手掛けた制作数わずか、格別な価値を誇る銘品。お手元に置いていただける機会は今しかありません。後で悔やまれることのないようお申し込みはお急ぎください。

ミニカタログ:黄金コレクション5号

平素は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
 
この度は毎回ご好評をいただいている「黄金コレクション」の第5号をお届けします。純金投資ブームが訪れている今、すべての作品は永遠の輝きのように貴方様の大切な財産を守る価値ある逸品ばかりです。ぜひとも今回という稀なる好機にご所蔵いただきたく存じます。
 
 去る6月24日、リーマンショックに匹敵する激震が世界経済を揺るがしました。イギリスのEU離脱! これに伴い、日本はもちろん、世界中の株価は大幅下落。このような中、安全資産として注目を集めているのが「金」です。有事の金という格言は今回も証明され、将来を覆う暗い雲を危惧する賢明な人たちは、確かな資産であり、今後値上がりが見込まれる金へ資産を移しているようです。
 
 そこで、この度は絶対的な価値を誇り、貴方様の財産を守る純金芸術を一堂に揃えました。『千両箱(500g/250g)』や内閣総理大臣賞受賞作家・大淵光則氏作の『富士山純金大判』『富士山純金小判』は小分けにして配偶者様、お子様やお孫様に譲渡すれば、110万円以下なら贈与税がかからないため節税対策となります。また、大正から昭和初期にかけて名声を博した名工・鈴木信春氏が原型制作した『不動明王』を筆頭に、仏像・仏具は日々のお勤めに用いられる際、非課税財産となる場合がございます。
 
さらに、前回のご好評につき、この度は驚愕の180gの重量を誇る『北海道新幹線開業純金記念メダル(特大)』を限定26点のみ制作しました。鉄道ブームからプレミアム価値が高く、これからいっそう換金性を増すことと思われます。このほか、額面が保証された金貨を9枚収蔵した『平成コインアルバム』など、代々、ご家宝として受け継ぐにふさわしい逸品がめじろ押しです。
 
 本カタログでご紹介する作品は高い芸術性と揺るぎない価値を誇る名品ばかりです。日本がマイナス金利を導入したことにより、銀行の信頼性さえも疑われている昨今。現物資産としてぜひとも純金芸術をお手元に置かれることをお勧めいたします。

ミニカタログ:井堂雅夫 追悼特別企画

井堂雅夫画伯の長年にわたる画業と功績に
深く感謝の念を申し上げます。
 
 
 長らく現代木版画界を牽引し、偉大な功績を遺してこられた井堂雅夫画伯が、去る平成28年4月23日、70年の人生に幕を下ろされました。画伯は京都の美に魅せられ、染色と木版画に出会い、以来43年にわたり創作活動を続けてきました。数ある作品の中でも四季折々の風景を独自の感性で描いた木版画作品は、いつ眺めても情感にあふれ、見る者の心を揺さぶります。日本人の心の故郷そのものを描いた作品は国内外を問わず高く評価され、海外の有名美術館にも画伯の作品が収蔵されるほどです。
 
 振り返れば、東京書芸館では20年以上も前から、井堂先生とのご縁を賜り、数多くの作品を皆様にご紹介して参りました。それは、私自身が井堂ファンであり、作品を見るたびに込み上げてくる感動を少しでも多くの方にお届けしたいとの想いからでした。この度は、追悼の意と長年の感謝を込めて、現代木版画の巨匠・画業43年の偉業をたたえる傑作選『井堂雅夫の世界』をお届けいたします。
 
 このカタログでもご紹介している日本十大名桜では、特に井堂先生と深く関わらせていただきました。春を迎えると日本全国の名桜を巡りスケッチを重ねていた姿を鮮明に覚えています。また、画伯は「絵を描くという使命を与えられたひとりの絵描きとして、作品を通し日本の伝統技術を知って貰うことが私の役割」との信念を貫き、癌と戦いながら最後まで筆を執っていらっしゃいました。この想いを一人でも多くの皆様に伝え、画伯ならではの色彩美と繊細な描写に感動し、日本の自然美を再確認していただくことが私共の使命と考えています。

ミニカタログ:『武士の真髄』 創刊号

特別企画
今号でご購入の方の中から、抽選で30名様
メタリックナノパズル「イージス護衛艦こんごう型」プレゼント

戦艦.jpg
  日頃のご愛顧にお応えし、特別企画を実施いたします。本号にて商品をご購入の方から、抽選で30名様にメタリックナノパズル『イージス護衛艦こんごう型』 を無料進呈します。立体組立のたいへん珍しい逸品で、ご自身で創作する喜びをご堪能いただけます。ぜひ、本号にて商品をご購入ください。
※当選の発表は発送をもって代えさせていただきます。
■素材:スチール ■完成寸法:全長14×幅2×高さ5㎝
 
 
 
平素は東京書芸館をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
 
この度は男の生き様を伝える武将にまつわる名品や真剣、火縄銃などの骨董、永遠の憧れである刃物芸術、驚愕の価値を誇る本物の金貨や勲章まで、武士のロマン あふれる作品を一堂に集めました。男性ならずとも、歴史に名を刻みし男たちの魂をご実感いただけると思います。強靭(きょうじん)な精神と本物の醍醐味を伝える『武士の真髄』を心ゆくまでご堪能いただき、男の生きる道にご共感いただけましたら幸いに存じます。
 私がまずこのカタログを制作するにあたって訪れたのが、切れ味抜群のナイフ など、刃物芸術を生み出す名工たちの制作現場です。その作業風景は現代とは思えないほど前近代的。すべては刃を鍛えることに情熱を燃やす男たちが生み出し た執念の結晶といっても過言ではありません。土佐豊国鍛『野趣三種揃え』は剣鉈、渓流刀、小刀を、男らしいアンティーク調の樫鞘に納めた逸品。この三本があればアウトドアライフは万全です。カスタムナイフの神様、ロバート・ウォルドルフ・ラブレス氏の遺伝子を受け継ぐ相田義人氏の「カスタムナイフ傑作三選」も必見。いずれも磨き上げられたブレードは覗き込めば顔が映る鏡面仕上げです。さらに、肥後もっこすの魂を受け継ぐナイフの名工・後藤渓氏による『本象牙肥後守カスタム』『ハワイアンコアウッドカスタムシースナイフ』は切れ味もさることながら、素材の稀少性、美しい外観が大きな魅力。氏は日本にわずかしかいないプロのカスタムナイフ職人。名前だけで価値が付く人物であることをご記憶に留めておいていただければ幸いです。
 
 そして、今大ブームの真田幸村にまつわる武器芸術はとりわけ思い入れが深い傑作揃いです。等身大鎧兜『赤塗本小札赤糸威二枚胴具足』は紅蓮の猛者たちがまとった鎧兜を原物に限りなく近い状態に再現。いごっそう魂を受け継ぐ土佐豊国四代目・晶之氏が幸村に崇敬の念を込め、日本刀と同じ作刀方法で制作した『真田赤揃え冥銭刀(めいせんとう)』はその名を世界に轟かせる名工でなければ実現し得ない切れ味抜群の剣鉈です。さらに真剣薄刃二重刃紋研磨『伊勢千子村正』は「一度、血を見なければ納まらない」という妖刀「村正」の伝説を体現。匂い立つような刃紋は強烈な印象を与えます。
 
 このほか、いずれの作品も「信州一国を譲渡するから仲間 となってくれ」という徳川家康の条件に首を縦にふらなかった幸村の魂を伝えます。このほか、戦争従事者に哀悼の意を込めて弊社が独自に制作した 銀無垢懐中時計『海軍航空隊』、徳川幕府の威光を伝える『慶長小判金』、武田信玄が鋳造した『甲州一分金』など、比類なき価値を誇る逸品ばかりです。きっ と本物を知る貴方様ならご満足いただけると自負しております。一作でも貴方様の高い審美眼に叶う作品がございましたら幸いです。

新商品:鍛金師澤瀉進 銀製 鎚目御錀『慈光』

おりん『慈光』.jpg
平素は東京書芸館をご愛顧いただき
誠にありがとうございます。
 
 月日が過ぎるの は早いもので、まもなくお盆を迎える季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。お盆――。それは、大切なご先祖様をお迎えして、心から偲ぶ、 日本人には欠かせない大切な行事です。かけがえのないご故人様を身近に感じて、日頃のご報告や、叶えたい願いを託す機会でもあります。古くから、ご先祖様 を大切にするご家庭は、子宝に恵まれ、末永い繁栄と幸福がもたらされるといわれます。
 それゆえに、日々お祈りを捧げる御仏壇には、格式高い仏具をお祀りして、永代にわたり供養したいものです。特に、御仏前に備える御錀は、ご先祖様にお参りに来たことを知らせる重要な仏具。ご先祖様を迷わすことなくお迎えするためには、浄土まで響き渡るような音色の御錀が必要不可欠となります。
 
 この度、ご紹介する銀製 鎚目御錀『慈光』は、熟練鍛金師・澤瀉進氏とへら絞り職人・盤若崇氏の豪華共演による完全手作りの名品。柔らかい素材の銀ならではの清澄な音色が長く続き、心に平穏をもたらします。銀板を金槌で叩いて生まれる鎚目模様、角度によって変化する耽美な銀の輝き、純金仕上げの黄金の輝きが見る者すべてを魅了します。「慈光」とは、浄土から衆生までを照らす〝慈しみの光〟のこと。仏様の深い慈悲と慈愛に抱かれるような光明に、ご故人様の心も、さぞかし安らぎ、喜ばれることでしょう。
 
 またこの機会に、貴家に代々伝わる宗派に則した御本尊として、銀製『宗派別御本尊』もお迎えください。全国有数の名刹に作品が収蔵される日本屈指の大仏師・松久宗琳師が手掛けた偉大な六尊で、宗派にあわせてお飾りいただけます。さらに、清浄な輝きで一切の災厄を祓う銀製『五鈷杵』もご紹介。把(握り部分)を携えて瞑想することで、心が清らかになり、あらゆる煩悩を打ち砕きます。ご尊家を守護する厄除けのほか、御仏壇の格調を高める仏具としてふさわしい逸品です。いずれの作品もお盆をはじめ、法事や法要、普段使いの仏具として子々孫々までご使用いただけます。ご紹介の仏具をご所蔵になり、ご尊家の幸福と永劫の繁栄をご祈念ください。
 
 

ミニカタログ:庭園芸術2号 ~日本の銘石と匠の技~

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。この度は『庭園芸術〜日本の銘石と匠の技〜』と題し、日本を代表する最高級石を用いた銘石芸術を一堂にご紹介いたします。日本美の真髄に無上の所蔵価値をご実感いただきつつ、茶人や権力者たちが愛でた庭の添景が醸す風情をご堪能ください。
 
 遠い昔から人は人生の大半を石を相手に過ごしてきました。手触りや感触を確かめながら行ってきた行為は石との長い会話であり、だからこそ、私たちは路傍の石仏の前で語らい、燈籠の灯りに安らぎを覚えるのでしょう。もちろん、今回お届けする作品からは、石の持つ素朴な温かみを感じ取っていただけると確信しております。
 
 まずご注目いただきたいのが、松江の至宝・来待石を須田在益氏が出雲式の伝統に則り、弊社のためにご提供くださった『構え狛犬』です。神の御殿の守衛にふさわしい勇ましい姿は風格に満ち、さすがは黄綬褒章受章作家の作品とご納得いただけるはずです。来待石作品では、いまマスコミで話題沸騰中の松江の匠として名高い仲田豊彦氏による箱庭芸術『燈籠茶庭』『生垣茶庭』もご用意。ぜひご自身で苔を足すなどして芸術性を高め、お部屋やベランダに清涼感をもたらす景となさってください。
 
 また伝統工芸士・加藤幸彦氏が彫り上げた野仏『微笑観音』、龍安寺型手水鉢『吾唯足知』、寸松庵燈籠『月灯り』は迎賓館や日本銀行本店にも用いられる真壁御影石を用いた傑作。さらに今回は氏の父であり、師でもある瑞宝単光章受章作家・加藤征一氏が『四方仏手水鉢』を特別に制作してくださりました。いずれも日々古色を深め、侘びを促す「びしゃん仕上げ」が施されています。ぜひ味わいを増す様子をご堪能ください。
 
 そして、伊達冠石に宮城の匠・清水良介氏が『五輪塔』を刻んだ渾身の作は氏の鑿切りと浮き彫りの技が冴えわたります。日に焼け、鉄褐色を濃くしていくさまはお庭の主役となさるにふさわしい重厚さです。
 
 すべて四季折々の景色を盛り上げる最高級石に最高の技術が尽くされた逸品ばかりです。一作でも貴方様の高い審美眼に叶う作品がございましたら幸いに存じます。

新商品:東山魁夷『緑響く』

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。今回は文化勲章受章作家にして、逝去後、勲一等瑞宝章を授与された昭和の国民作家・東山魁夷画伯の代表作『緑響く』をお届けします。
 
本作は人間の視覚に極めて近い色彩を再現する最新の工芸技法によって制作。東山作品といえば、白馬のいる光景です。この作品はエメラルドのように輝く樹々を背景に池のほとりを通り過ぎる姿が心に迫ります。他社様よりいち早く東京書芸館が先行販売を行うこの好機にご所蔵いただくことをお勧めします。
 オーケストラが深い森に響き渡るような池のほとりの光景。優雅に歩く白馬を見ているとまるでピアノの独創による郷愁のメロディーが聞こえてくるよ うな錯覚を覚えます。『緑響く』は東山魁夷画伯が長野県茅野市八ヶ岳中信高原国定公園にある御射鹿池を描いた「旋律の絵画」「奇跡の色彩」と絶賛される歴 史的傑作。海外からも多大な評価を獲得しているように、画伯の代表作といえば、連作「白い馬の見える風景」におけるこの第一作を挙げる人もたくさんいらっ しゃるはずです。その世界観に浸っていると、日常の喧噪を忘れ、大自然の緑が醸す清涼な空気に包まれているような思いが込み上げてくることでしょう。
 
 さて、人物がほとんど登場しない東山作品にあって本作の主人公は白馬です。神秘の光景に誘われるように迷い込んだ汚れなきことの象徴は何を物語っているのでしょうか。
 ドイツ留学時代、第二次世界大戦へと世相が傾いていく中、若き青年画家はこのまま絵を描き続けられるのかどうか、不安に揺れ、「白馬をしきりに描いた経験 がある」と語っています。それから、年を重ねた画伯は本作が描かれる何年も前からドイツを頻繁に訪れ、あの日の自分を探し続けるのです。
 
 「若い時から白い馬には描く動機があった。
                 彼の存在は描き続けられる喜びの表現にほかならない」
 
 美しい四季折々の自然を愛で、その澄んだ空気を満喫しながら画に没頭する何事にも代えられない幸福感。本作が伝えるのは、光と影の魔術師と称えられる巨匠が45年以上の時を経て、原点に立ち戻り、平和な世と汚れなき自然のありがたさを綴った人生の物語に違いありません。
 日本随一の景勝地と誉れ高い御射鹿池には朝の絶景を見ようと観光客が後を絶ちません。果たして、そこに平穏な時代と自然への感謝の念を抱いていた画伯の心 の声が聞こえるのでしょうか。ただ、私には『緑響く』の深い森からは「ありがとう」という言葉が確かに聞こえるような気がしてならないのです。

新商品:郡順治 ブロンズ『友』

 皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 
この度は、愛らしい少女と小犬、そして小鳥との心温まるふれあいを表現した、ブロンズ芸術の二大傑作をご案内いたします。
 
待あちに待った現代彫刻界の俊英・郡順治氏の最新作!
 
 作者である郡順治氏は、温かみあふれる少女のブロンズ作品で高く評価されている現代彫刻界の俊英。数ある作品の中でも、特に雑誌や新聞などで掲載されるたび、いつも品切れとなるのが、今回もご紹介している弊社ベストセラー作品の『愛』です。その発表から早くも10年が経過しましたが、今も新作を望む声が数多く上がっています。この度、皆様の格別なご要望にお応えし、ついに待望の最新作『友』をご紹介できる運びとなりました。
 
ひと目で思い浮かぶのは、懐かしいあの日の思い出
 
 これほどまで温かみのあるブロンズ像があるのか――。人間味のあふれる本像を眺めるたび、思い出すのは懐かしい思い出。それは幼少期に愛犬と過ごした楽しい日々、幼い愛娘やお孫様の姿…。ご覧になる方によって、心和ませる感情が次々に蘇ることでしょう。私にも娘がおりますが、時間はそのまま留まってはくれません。親としては成長して羽ばたいていく子供の姿は嬉しい一方で、淋しくもあります。その幼い頃の姿を永遠に留めてくれるブロンズ芸術こそ、『友』と『愛』であると私は考えております。
 
 本作『友』は世界限定500体の貴重な東京書芸館オリジナル作品。いずれのブロンズ作品も、大切な方へのプレゼントや記念品としてふさわしい逸品です。ご自身の子供時代の思い出や、お子様・お孫様、愛犬と過ごした大切な記憶が永遠のものになるブロンズ芸術を、ぜひ新しいご家族の一員としてお迎えください。
 

熊本地震において

熊本地震において.jpg
 
このたびの熊本地震により被災された皆さまに
心よりお見舞い申し上げます。

今は被害が最小でありますこと、
一日も早く安心して過ごせる日を迎えられることを
社員一同心よりお祈りいたします。

特別企画『古代クイズ』正解発表!

 特別企画 古代クイズ.jpg

たくさんのご応募ありがとうございました。

※平成28年3月31日をもって応募を締切らせていただきました。
※当選の発表は発送をもってかえさせていただきます。
※クイズに関する質問および、正解不正解のお問い合わせは受付けておりません。ご了承ください。
 
 
ギフト券.jpg

 

※上の画像は見本です。

クイズを全問正解された方の中から抽選で
104名様に「ギフト券」をプレゼント!
 
 日頃の格別なご愛顧にお 応えし、特別企画を実施いたします。二択クイズに全問正解された 方の中から抽選で104名様に『ギフト券』をプレゼント!
なんと5万円分を1名様に、1万円分を3名様に、5,000円分を5名様に、ほか95名様には 1,000円分をプレゼントいたします。
問① 国宝金印「漢委奴国王」のつまみ部分に表されている動物は?
イ 蛇
 
問② 古代中国・魏の皇帝が贈ったとされる「銅鏡百枚」は誰に宛てたもの?
イ 卑弥呼
 
問③ 武勇や文武両道の象徴として信仰されている日本の初代天皇は?
ロ 神武天皇
 
問④ 伊勢神宮でお祀りされている、日本建国にも携わった神様は?
イ 天照皇大神
 
問⑤ 魏・呉・蜀が覇権を争う中国三国時代に生きた関羽の愛馬といえば?
イ 赤兎馬(せきとば)
 
問⑥10円玉の図柄でもおなじみ、藤原頼通が威信をかけて建立した寺院は?
ロ 平等院鳳凰堂
 
問⑦ 日本で花開いた仏教美術。その源流として知られる仏像発祥の地は?
ロ ガンダーラ
 
問⑧ 古代ギリシアで「智の神様」として崇められている鳥は?
イ フクロウ
 
問⑨ ドイツで発掘され、現在確認されている世界最古の鳥類は?
イ 始祖鳥
 
問⑩ 海外からも絶賛。世界最古といわれる長編小説といえば?
ロ 源氏物語

九谷焼開窯360周年記念特集『九谷美彩』

九谷美彩

九谷焼
 加賀百万石(かがひゃくまんごく)の城下町金沢。日本で最も工芸が盛んな町として知られ、なかでも九谷焼は日本伝統の焼物として海外からも大きな注目を集めています。平成27年、九谷焼は開窯360周年を迎えました。
その佳節を寿ぎ、現代九谷を牽引する総勢17名の巨匠にご協力いただき、高い審美眼をお持ちの皆様も納得の逸品を揃えてのご紹介です。美術的価値はもちろん、伝統の秘技や色彩美を心ゆくまでご堪能ください。
加賀百万石の栄華が生んだ九谷焼
 
  九谷焼の歴史は、江戸時代初期の明暦元年(1655)頃にさかのぼります。当時、この地で百万石の栄華を誇っていた加賀藩前田家。その支藩であった大聖寺 藩の初代藩主・前田利治公が、金山の開発を行っている際に、磁器の原料となる良質な陶石を発見。これに目をつけた利治は九谷に窯を築き、後に色絵磁器の王者といわれる古九谷で一世を風靡(ふうび)します。しかし、そのわずか50年後、古九谷は歴史の表舞台から突如、姿を消してしまうのです。この理由はいま だ明らかではありません。
 
再興九谷とその発展 ― 赤絵・金襴手の登場 ―

  古九谷の廃絶後、約100年を経て再び九谷の地に窯煙があがります。加賀藩が当代随一の名匠であった青木木米を京都から招聘させ、金沢に春日山窯を開かせ たのを皮切りに、文政七年(1824)大聖寺の豪商・豊田伝右衛門が私財を投げ打ち、古九谷の窯跡に再び窯を起こしました。これこそ、九谷焼中興の祖と謳 われる吉田屋窯であり、古九谷を彷彿とさせる芸術性と品質で高い評価を獲得。この吉田屋窯を筆頭に、赤絵の宮本屋窯、金襴手の永楽窯など多くの窯が新技法 を確立し、素晴らしい作風の九谷焼を生み出していきました。これらの窯元の九谷焼を「再興九谷」と呼び、今もなお絶大な人気を誇り、多くの人々から愛され ています。

世界に羽ばたく近代九谷焼、そして現代へ

 明治時代になると、政府の産業振興により九谷焼の輸出産業が盛んになりました。絢爛豪華な九谷焼を海外へ数多く輸出し、万国博覧会に出陳されれば「ジャパンクタニ」と呼ばれその名を世界に轟かせたのです。
  現在、九谷焼は古九谷以来の魂を受け継ぎ、新しいものを吸収しながら進化を続けています。今回、人間国宝をはじめとした陶芸作家による、かつてない豪華共 演を実現しました。普段は滅多に掲載できない方々にもご賛同いただいた特別な作品をお届けいたします。作家の数だけ作風がある九谷焼。それぞれの研ぎ澄ま された秘技を駆使して、制作された珠玉の芸術作品の数々―。貴方様の琴線に触れる作品がございましたら、ぜひお手元にて末長くご賞翫ください。
 
 

商品一覧はこちら

九谷美彩.gif

東京書芸館「限定品・一点もの」情報提供サービス


柳田素山 古美術『孔雀に牡丹花瓶』.jpg
 弊社では長年にわたり様々な美術工芸品を紹介して参りました。そのため、今回ご案内したような歴史的銘品や人間国宝の一点 ものなど、価値ある作品情報が多数寄せられます。いずれも世間では出回ることのない愛好家垂涎の情報ばかりですが、このような作品は引き合いが多く、広告物ではタイミング良くお知らせすることが難しいのが現状です。
 
そこで、貴重な芸術作品の情報をメールなどを用いてお知らせいたします。
限定品・一点もの情 報をご希望の方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
 
柳田素山 古美術『孔雀に牡丹花瓶』:限定1 (写真左)
pdf※リンク先のデータはPDFで作成しております。

伊藤若冲 特集

伊藤若冲特集.gif
伊藤若冲の生誕300年を記念して「伊藤若冲 特集」を掲載したします。
弊社人気作品の『日出鳳凰図』を始め計6点の商品をご紹介!
 

 

ミニカタログ:特別企画!『戦後70周年』ニ関スル設問

特別企画!『戦後70周年』 ニ関スル設問 クイズの答え

 
問1:戦時中、戦果をあげた「武功抜群ノ者」に授与された勲章は?
ア. 金鵄勲章
 
問2:太平洋戦争で活躍した零戦 五二型の初陣はいつ?
イ. 1943年8月
 
問3:長崎県のシンボル、平和記念像の作者は?
イ. 北村西望
 
問4:戦後70年にあたる今年、天皇皇后両陛下が初めて講師いにご訪問された島は?
イ. ペリリュー島
 
 
※クイズのご応募は、2015/08/31(月)をもちまして、締め切らせていただきました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
※当選は発送をもってかえさせて頂きます。
 
戦艦.jpg

日本の海を守る!海上自衛隊のイージス護衛艦
※完成見本

日頃の格別なご愛好にお応えし、特別企画を実施いたします。カタログをお持ちの方で、二択クイズに全問正解された方には、抽選で50名様に「イージス護衛艦こんごう型」の復刻品を無料進呈!
各ページにヒントが隠されていますので、簡単に正解にたどり着けるはずです。ご購入なさらなくても参加は可能です。ぜひ挑戦なさってください。

 

 

  太平洋戦争の終結から間もなく70年が経とうとしています。平和を守り、戦争の惨禍(さんか)を二度と繰り返さないために戦争の記憶と平和の大切さを次の世代に伝えていく必要性を感じています。そこで、東京書芸館では『戦後70周年記念特集~平和への祈りを込めて~』と題し、先の大戦の記憶を風化させることなく、平和の尊さについて改めて考えていただける作品をご紹介。平和への思いを巡らしていただければ幸いです。

  大日本帝国海軍の士官が実際に帯刀した本物の『海軍儀礼長剣』は勇猛果敢に海防に身を捧げた将兵たちの雄姿を今に伝える軍刀。かの東郷平八郎や山本五十六 (いそろく)も佩用(はいよう)したという歴史の重みを感じさせる逸品です。「武功抜群ノ者」だけに授与された最高の栄誉ある勲章『功五級金鵄(し)勲章』・『功七級金鵄勲章』も正真正銘の本物をご用意。ほかにも戦後の日本経済を支えた稀少な古紙幣や、戦場の空をけた『陸軍飛行服』など戦争当時をぶ貴重 な文化遺産を取り揃えました。

  また、世界各国で平和活動や災害援助を行う自衛隊員が愛用する装備品もご案内。抜群の耐久性を誇り、本格的なミルスコープまでも搭載した双眼鏡 『SAFARI 327MR』や自衛隊が正式採用しているアサルトライフルを再現した『89式5.56mm小銃』など、日本の防衛には不可欠な逸品をお手にとってご堪能く ださい。他にも、英霊たちに祈りを込めて、現代の技術で精巧に蘇らせた軍刀『元帥刀(げんすいとう)』や『陸軍刀九八式』のほか、戦没者への祈りを込めて 打ち上げる『花火』は鈴木優莉(ゆうり)氏による肉筆掛軸。日本彫刻界の巨匠・北村西望氏が手掛けた傑作にして、世界平和の象徴でもある『平和記念像』な どもご紹介いたします。

  さらに、戦後70周年特別制作の『戦後70周年記念特集~英霊に捧げる顕彰~』は祖国のために身を投じた戦没者に感謝と敬意を表し、平和を祈願する弊社の思いが込められたオリジナル作品。文字盤には菊の御紋と大東亜戦争従軍記章の聖地極まる意匠が施され、10石ものダイヤモンドが輝きを放ちます。大変人気がある銀無垢の記念作品ですので、お早めのお申し込みをおすすめいたします。

抽選で、メタリックナノパズル『イージス護衛艦こんごう型』が当る設問もご用意しておりますので、是非お申し込みください。

ホームページ掲載されていない商品も注文可能!


HPに掲載されていない商品も注文可能.gif
ホームーページに掲載されていない商品のご注文も可能になりました。
 
注文方法は簡単!詳しくは下記を参照してください。
※「商品ご注文」ページからご注文いただいた場合は、ポイント割引は使用できません。ご了承ください。
 
① TOPページの右側にある「商品のご注文」をクリック。
 
navi01.gif
 
 
② 必要事項を明記の上、「確認」ボタンを押す。
特注商品、贈り物等をご希望の方は、「補足事項」に記入。
 
navi02.gif

 

③ 弊社で内容確認後、メールにてご連絡させていただきます。

ミニカタログ:『国宝展』

 東京書芸館95周年を記念した特別企画『国宝展』のご案内です。いなる日本の至宝「国宝」に指定された一級の芸術作品をご紹介します。さらに、重要無形文化財保持者、いわゆる日本伝統の「わざ」を極めた人間国宝の傑作が一堂に会します。有名美術館で開催される特別展に訪れたかのような興奮と感動を、ご実感いただける最高傑作のみを取り揃えました。未だかつてない究極の作品群で贈る、名品の数々をお楽しみください。
 
 絵画からは、日本の美術に多大な影響を与えた生誕400年という稀なる佳節をぎ、俵屋宗達(たわらやそうたつ)の『風神雷神図』との尾形光琳(おがたこうりん)『紅白梅図』をご紹介。日本が世界に誇る琳派芸術のに迫る名作をご所蔵ください。仏像からは、天平の美少年と称される『阿修羅像』など各年代を象徴する国宝仏がここに集結します。建造物からは、聖徳太子の遺徳が偲ばれる法隆寺の国宝『夢殿』をご用意。水晶を惜しみなく使用した八角円堂に降臨されるのは、18金の救世観音(くぜかんのん)。水晶と18金の魅力を最大限に引き出して表現された芸術作品です。その他、至高の国宝抹茶碗など、貴家の隆盛と平穏を祈るにふさわしい、荘厳で格調高い名品もご紹介いたします。
 いずれの作品も日本が誇る至宝に敬意を表し、各界の名匠が膨大な時間と労力を費やし、魂を込めて復刻。素晴らしい逸品に仕上げてくださいました。通常ご覧になることが難しい国宝をお手元でご賞翫いただき、貴方様の喜びとなることを心から願っております。
 
 また、今回は人間国宝による技巧の限りを尽した力作の入手にも成功。神々しく輝く、純金レリーフ額『富士山』は人間国宝・桂盛仁(かつらもりひと)氏の巧みな彫金技術に思わず息を呑む作品です。特に即日完売が予想されるのが、木の特性を熟知し、魅力を引き出した川北良造氏の木工芸作品です。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

ミニカタログ:特別企画!『魅惑のシルクロード芸術』 クイズの答え

特別企画!『魅惑のシルクロード芸術クイズの答え

 
問1:テレビドラマ「西遊記」で夏目雅子が演じた世界的に有名な僧侶は?
イ. 三蔵法師玄奘
 
問2:鑑真が中国から仏教をもたらした功績を認められ、朝廷から建立が許され、
        創建した寺院は?
イ. 唐招提寺
 
問3:シルクロードを通じて日本へ伝来し、正倉院にも収蔵される白瑠水瓶の発祥国は?
イ. イラン
 
問4:薬師寺の至宝「西方浄土須弥山」の作者は?
イ. 平山郁夫
 
 
※クイズのご応募は、2015/05/31(日)をもちまして、締め切らせていただきました。
 たくさんのご応募ありがとうございました。
※当選は発送をもってかえさせて頂きます。
 
金印.jpg

素材:特殊合金、24金仕上げ
寸法:高さ22×幅25×奥行25mm

カタログをお持ちの方で、二択クイズに全問正解された方には、抽選で50名様に福岡市博物館に収蔵される国宝「漢委奴国王印」の復刻品を無料進呈! 24金仕上げを施したまばゆい作品です。
各ページにヒントが隠されていますので、簡単に正解にたどり着けるはずです。ご購入なさらなくても参加は可能です。ぜひ挑戦なさってください。

ミニカタログ:『吉祥動物傑作選』

 この度は『吉祥動物傑作選』と題し、古今東西、遠い昔から無限のご利益をもたらすとされる動物たちを題材とした芸術作品を一挙ご紹介いたします。愛らしい瑞鳥から干支に名を連ねるご利益あふれる動物、さらには勇壮さが際立つ龍作品まで幅広い品揃えを実現しました。 一作でも貴方様の高い審美眼に叶う作品がございましたら幸いに存じます。
 
 まず本号の注目は黄綬褒章受章作家・高野誠氏による『甲州貴石細工三選』です。氏は貴石細工一筋、五十余年というこの道の第一人者として世界的名声を博す人物です。天然の茶水晶と本水晶を愛らしく彫り上げた『大福ふくろう』、小槌を携え、腕をこまねく姿が心和ます本水晶『大吉招き猫』ともに匠の技によって実現しました。艶やかな表面と福々しい造形をじっくりとご覧ください。見るほどに温かな気持ちに包まれ、福徳招来の予感が込み上げてきます。
 
 羅明佳氏が丹念に成形した石湾焼彫刻『梅に鶯』、彫刻界の名匠・林明志氏入魂の『満月に梅鵲』は可憐な春告げ鳥を表現した作品。いずれも作者がご尊家に大きな福が舞い込むことを願って制作した真心のこもった作品です。このほか、陶磁芸術『瑞鳥の誕生』や、黄銅像『猛鷹降臨之時』など、吉祥鳥を題材とした作品は過去最高のラインナップです。もちろん、大人気のふくろう作品も充実しておりますので、何卒お見逃しないよう宜しくお願いいたします。
 
 さらに亀、蛙、蝸牛を親子亀のように象った『開運三役』の圧倒的迫力は必見です。本物が眼前に表れたようなリアルな造形を間近でご覧いただけば、感動はいっそうのものとなるでしょう。ほかでは、豊富な経験を誇る細密彫刻家が稀少な河馬牙の根元を総手彫りした『蓮池の集い』、工芸美術士・余建暁氏による黄楊彫刻『蓮華に福蛙』は切先鋭い彫りもさることながら、見るほどに物語性あふれる世界へ引き込まれます。また、愛犬家の方からのたくさんのご要望により実現したブロンズ『小さな愛犬』は愛くるしい仔犬に究極の癒しを感じ取っていただけることでしょう。
 
 なお、黄綬褒章作家・大淵光則氏による抜群の所蔵価値を誇る純金『ふくろう家族』を筆頭にご注文が殺到することが予想される作品が多数含まれます。いずれも頒布数が限られておりますので、ご希望の品がございましたら、なるべくお早めにお申し込みいただくことをお勧めいたします。

 

新商品:平山郁夫『流水間断無』(奥入瀬渓流)

没後5年にてついに初復刻!平山郁夫美術館開館10周年記念作品。
 
「人生とは?」と問いかければ、画の向こうから世界の平山の声が―。
生きることの喜び、いま生あることへの感謝の念を、
奥入瀬渓流の水の白い流れに込めた大作家の原点である感動作!
 

■「私は果てなく砂漠が続くシルクロードをはじめ、世界各地を描き続ける過程で、自然に順応(じゅんのう)しながら、水や美しい空気を享受(きょうじゅ)できることに感謝し、生きてきた。これが四季折々の風光明媚(ふうこうめいび)を愛する日本人の美学である」―。

 
 2009年、逝去された文化勲章受章作家・平山郁夫画伯。近代絵画の巨匠は少年時代に被爆を経験し、その後遺症で病を患った過去から、平和への祈りを画業に託し続けたことで知られます。一度は生死の境をさまよい、死を覚悟した画伯。
しかし、画家としての魂を呼び起こし、創作人生の支えとなったのが、当時助手を していた東京美術学校(現東京藝術大学)の写生旅行で赴いた青森県の奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)でした。その後、数々の歴史的傑作を生み出し、画力 と精神が熟した36年後。「人生の崖っぷちにあった」原点に立ち返り、生きる喜び、生命あることへの感謝の念を込めて描かれたのが、夏の涼味(りょうみ)あふれる空間へと誘(いざな)う『流水間断無』(奥入瀬渓流)です。
 

 

ミニカタログ:『庭園芸術』自然の美と巧みの技

 日頃、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
 
 新緑の青葉が繁れる季節を迎えますと、屋外に出て緑豊かな自然に浸(ひた)り日頃の疲れを癒す方も多いことと存じます。
 
 この度は『庭園芸術~自然の美と巧みの技~』と題し、日本人が愛する「侘(わ)びさび」を演出する大作から西洋庭園を彩るにふさわしい芸術作品をはじめ、室内でも自然の素晴らしさを実感できる前代未聞の逸品まで幅広く網羅(もうら)いたしました。選(え)りすぐりの庭園芸術をどうぞ隈無(くまな)くご覧ください。
 
 日本庭園からは伝統工芸士・加藤雅彦氏が魂を込めて彫り上げた『合掌地蔵』・『雪見燈籠』・『吾唯足知水鉢』。真壁御影石という皇居の縁石や迎賓館にも使用される格調高い霊石を用いており、年月を経るとむして風情豊かなになります。気鋭の盆栽作家・高橋智樹氏により先代から大切に育てられてきた樹齢120年以上の『五葉松』と樹齢約100年『糸魚川真柏(しんぱく)』は山採りが禁止される前に採取した、現在では入手不可能な稀なる盆栽です。ほかにも和風庭園の添景(てんけい)となるにふさわしい高岡銅器による灯籠『琴柱』や福徳をもたらす吉祥置物『亀福・亀祥』など庭園美術の一級品をご用意。古来、日本人がこよなく愛してきた「侘びさびの世界」をご堪能ください。
 
 西洋庭園の本場イタリアの迫力ある容姿をした『百獣の王』はご尊家を守る聖獣。お飾りになれば宮廷さながらの雰囲気を味わえます。極めつけは日本初上陸、イギリス発の『バイオーブ・エア』。驚くことに、植物に適した環境を自動で作り出してくれる最新装備の室内森林空間です。そのほか、盆栽用品やガーデニング用具のセット、ガーデンベンチなど便利な逸品もご用意。貴方様のお庭のお手入れを応援いたします。
 
 本カタログでご紹介する作品はお庭に限らず、玄関先やベランダをはじめ、店舗や会社のエントランス、室内にもふさわしい逸品ばかりです。珠玉の庭園芸術とともに自然に触れて、少しでも心地よい暮らしをお届けする一助となるよう願っております。
数に限りがある作品もございますので、どうぞお早めにお申し込みいただきますようお願いいたします。

ミニカタログ:『日本貨幣傑作選』(六)

 平素は弊社、東京書芸館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

 この度は熱烈なご支持をいただいている『日本貨幣傑作選・六』をお届けします。現在の国際的な日本貨幣蒐集ブームにあって、中には博物館さえも所蔵を熱望する「歴史的文化遺産」も含まれます。特に相続税対策にお悩みの方は必見! 見逃すと二度と目にする機会のない逸品をご入手いただける本カタログをご堪能ください。
 
 いま日本列島は空前の投資ブームに沸いています。衆議院総選挙に勝利し、長期政権を盤石(ばんじゃく)とした現政権と日本銀行が打ち出しているのは、デフレ脱却とインフレ率を高めることです。これが意味することは私たちが普段使っている「円」の価値が下落し、物品や株価の価値が上がることを意味します。そこで確実な投資対象として注目を集めているのが「金」と稀少貨幣です。特に江戸期の大判金や小判金、また明治の金田金貨などはコインフェアやオークションで外国人の富裕層が大金を投じているように、国際的な流行となっています。
 
 では、なぜ純金の塊(かたまり)ではなく、日本の芸術的貨幣なのでしょうか。これは金価格は日々の取引によって、購入時の価格より大きく下落することもあるからです。しかし、金の高騰から15万円以上の値がついている『天皇陛下御即位記念10万円金貨』などの昭和の金貨が額面は最低限保証されています。加えて、年々、市場に出回る数量が減少し続ける1圓・2圓・5圓・10圓の『旧明治金貨』等は稀少価値が大きいため、値上がりはあっても値下がりすることはありません。特に一点物『慶長笹書大判金』をはじめ、現存数が定かでない歴史的文化遺産となりますと、何十代にもわたって相続すべき価値の目減りしない「絶対資産」となります。
 
 今回のラインナップを実現するにあたって、弊社は未だかつてない苦労を体験いたしました。本来であれば、もっと多くの数を確保し、ご提供したかったのですが、買付資金を用意していても市場に品がないのです。特に先述した究極のお宝はもちろん、『慶長小判金』『享保小判金』『天保五両判金』などは弊社の独自ルートを通じて、ようやく入手することに成功した、ご自身で保有するのみならず、ご子息、お孫様へと伝えるべき逸品です。
 
日常生活においても物の値段が高くなっていることが肌身に感じられる昨今。今後、国策として物価高がさらに進行することが考えられます。また、昨年の消費税増税は見送られましたが、2017年4月に10%になることは決定しています。日頃のご愛顧にお応えし、お求めやすい価格を実現した今回にぜひご入手ください。

 

新商品:伝統工芸士 紫星作『鳳凰翔舞』彫金御錀・五具足・三具足


鳳凰翔舞.jpg.jpg

平素はひとかたならぬご愛顧を賜り、まことにありがとうございます。

 
 月日の移ろいはやく、新年を慶賀するまにまにお彼岸を迎える季節となりました。
 さて、今日この現世に生かされていることは紛れもなくご先祖があってこそであり、に襟をただして感謝の祈りを捧げる慣習は次代に伝えていきたい美徳です。そのさい、仏壇を飾る仏具もご尊家の由緒、格式にふさわしい仏具であってほしいものです。
 
  ご紹介する彫金御錀・仏具『鳳凰翔舞』は、伝統工芸士・浦島紫星(うらしましせい)氏による精魂込めて制作された高岡銅器の逸品です。浄土へと響き渡るよ うな心安らぐ清澄な音色を響かせる御は、紫星氏秘伝の比率と磨きによって達成された仏具の芸術品といえます。金・銀・黒ニッケルを巧みに駆使した彫金、彩色鍍金によって描かれた鳳凰、桐竹、瑞雲は絵画的美しさです。由緒ある御尊家の証として、今般は無料で家紋の謹刻も承っております。
 
 またこの機に、貴家に代々伝わる宗派に即した御本尊として、名匠・舟谷喜雲氏の手によって彫像された純金の『宗派別御本尊』をお仏壇にお迎えください。
  併せて、世界最高峰の白磁芸術作陶作家・十五代中里茂右ヱ門(なかざともえもん)作の白磁寿壷『鳳凰』を終(つ)いの棲家(すみか)としてご所蔵いただく ことをお勧めいたします。寿壷は健康長寿の縁起物として現世利益をもたらし、蓋を変えて香炉としても賞玩できる美術品的価値もお楽しみいただる逸品です。
 ご紹介の仏具、ご本尊、寿壷の入手をいただくことによって、貴家の幸福と子々孫々の繁栄へと導かれことでしょう。
 
 今後、このお値段でお求めになることは難しくなると考えられます。
今回の好機をお見逃しないようお願いいたします。
 

掲載商品一覧

   

家紋について

 

お誂え品家紋.gif
ご希望の方には、ご希望の家紋を謹刻してお届けいたします。お申し込み時にお入れする家紋を左から選び、購入途中にあります「お支払方法・お届け時間等の指定」の「その他お問い合わせ」の欄に名称をご記入ください。左の家紋以外をご希望の場合は、書面やFAXなどで家紋の柄をお伝えください。一流の職人が丹念に誂えた逸品をお届けいたします。
※お誂え品のためキャンセル不可になります。
FAX(24時間受付け):03-3762-7609

 


 

ミニカタログ:名匠画廊 第2号

 
あの川端康成氏が愛蔵した東山魁夷画伯の名作など稀少品多数
 
 日本初のノーベル賞作家である川端康成氏が美術品の名伯楽でありコレクターでもあったことは有名な話ですが、親交の深かった東山魁夷画伯が川端氏に贈った『北山初雪』は著書の装丁にも使用された見逃せない逸品です。限定作品も最後の数点をご紹介。今入手しないと二度と手に入らない作品となるかもしれません。
 
桃山時代を代表する等伯の涅槃図から昭和、平成を彩る傑作まで
 
 大迫力で仏心を発露(はつろ)させた長谷川等伯の『釈迦涅槃図』からは稀代の絵師の信仰心を。上村松園の女性として母として深い慈愛を筆に込めた『志ゃぼん玉』からは絵画という平面芸術を超えて溢れる愛を。そして神武(じんむ)天皇からまで全125代を驚くほど精緻に描いた『日本国歴代天皇御真影図』などからは古代から現代までの時の流れや歴史の変遷を、間近に見るという希有(けう)な体験が可能となります。
 
ピカソの実験的な肖像画やモネの睡蓮連作など海外巨匠の作品も
 
 今回も海外の巨匠作品には特別な思いを込めて。非常に珍しいピカソの実験的肖像画『縞模様の女の顔』や、ルノアール41歳の傑作『菊』など稀少名画を品揃え。またモネの『睡蓮「緑の反映」』は、パリ・オランジェリー美術館の展示そのものを蔵するかの歓びに満ちた左隻・右隻の画をご案内いたします。
 
 さらに一年を通して花鳥風月(かちょうふうげつ)を詠んだ本家・藤原定家の歌と花鳥画を12幅の掛軸でご用意した『詠花鳥和歌十二ヵ月掛軸』など、新しいことを始めるのにふさわしい一月ならではの作品もご紹介。どうぞ日本の四季を愛(め)でつつ、お元気に、この一年をお過ごしください。

ホームページ開設のお知らせ

平素は東京書芸館をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。創業95周年を迎えるこの度、貴方様に、よりご満足いただけるよう自社ホームページを開設いたしました。
今まで以上の内容の充実を図ってまいりますので、今後とも末永くお付き合いくださいますよう、 謹んでよろしくお願い申し上げます。

今なら開設を記念し、新規会員登録(無料)をするだけで、同ホームページ上のお買い物にご利用頂ける「3,000円分のポイント」を進呈いたします。このポイントの有効期限はございません。今すぐご登録いただき、同ホームページを存分にお楽しみください。
ページ上部へ