ホーム>オンラインショップ>カテゴリで探す>桜特集>開田風童 ジクレー版画『思い出の扉』(4点セット)

開田風童 ジクレー版画『思い出の扉』(4点セット)

開田風童 ジクレー版画『思い出の扉』

 

幼い頃の記憶を繙く、四季と子どもたちの名作四選!
今にも子供たちの楽しそうな笑い声が聞こえてきそうです。
 
 
春
夏
春
春 「桜さくら」
 
桜吹雪の中、柵に腰掛ける仲の良い男の子と女の子。楽しそうな笑い声が今にも聞こえてきそうです。ご覧になる度に、知らず知らずに笑みを浮かべてしまう風景画。

 

夏
夏 「川辺の二人」
 
川辺で遊ぶ無邪気な男の子たち。どうやらザリガニを釣り上げたようです。「子供が自由に伸び伸びと育つ機会を与えて欲しい」という画伯の想いがよく出ている作品。
秋
冬
秋
秋 「夢の色」
 
黄色や橙色に色づいた落ち葉の絨毯(じゅうたん)で遊ぶ子供たち。落ち葉を集めてこれから何をするのでしょうか。秋いっぱいの大自然の中で遊んだ、子供の頃の懐かしい思い出が蘇る名作です。
冬
冬 「雪舞橋」
 
降りしきる雪に子供たちは大はしゃぎ。小さな雪だるまを作って橋に飾ってみたよ。冷たい小川に何かいないかなぁと眺める微笑ましい光景。
水彩画のみずみずしい色彩も再現
 
■皆様の心の中に生きている、子供の頃の懐かしい思い出。本作『思い出の扉』は、幼い頃の楽しかった記憶を繙(ひもと)くような、四季の名作選です。
 
■作者は郷愁を誘う画家として活躍する童画家・開田風童画伯。雅号の「風童」は「風や自然の中に遊ぶ子供をイメージし、気取らずなるがままに」という意味合いが込められています。油絵の濃淡を駆使して描きあげたのは、美しい四季の自然の中で生き生きと遊ぶ子供たち。いずれの作品も画伯自身の幼い心象風景を思い出して描かれているため、そこには懐かしい詩情が漂い、忘れられた豊かな自然が息づいています。
 
■最新のジクレー版画で制作された本作。油絵で描かれた原画の躍動感はもちろん、画伯ならでは柔らかな風合いまでもが、きめ細かく鮮やかに再現されています。どこにお飾りいただいても、心温まる空気を醸し出し、子どもの頃の懐かしい思い出を蘇らせてくれます。ご自宅用としてはもちろん、お子様やお孫様、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめいたします。4作品全て同一サイズのためコレクションにも最適です。専用額はお部屋に合わせて、豪華な金色と品のある銀色からお選びいただけます。また、4点セット(「桜さくら」「夢の色」が金色額「川辺の二人」「雪舞橋」が銀色額 ※同じサイズなので、入れ替え可能。)もご用意しております。
 
 

自然と子供たちを描く画家 開田風童
 
 1950年、福岡県太宰府市に生まれる。1988年、童画を描き始める。1992年、福岡市・筑紫野市で個展を開いて以降、全国各地の百貨店、画廊などで個展を開催。雑誌やテレビなどで個展の催しのほか、アトリエも紹介され大きな話題を集める。
 
 

商品コード:HLS21
開田風童 ジクレー版画『思い出の扉』(4点セット)
【4作共通】
■技法:ジクレー版画 
■素材:マット紙
■額素材:樹脂 
■寸法(約):【画寸】縦31.8×横41cm【額寸】縦55.4×横46.2×厚さ4.3cm、重さ1.85kg
■専用額つき
 「桜さくら」「夢の色」が金色額
 「川辺の二人」「雪舞橋」が銀色額
※同じサイズなので、入れ替え可能。
■お届けは受注から約1ヵ月後。
■発送手数料は1点につき別途660円(税込)をお申し受けます。

 

税抜価格:¥104,000(税抜)
販売価格:¥114,400(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
カテゴリで探す > 桜特集
絵画 > 日本画
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ