ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>50万以上>京都 大石天狗堂『本榧 柾目将棋盤』7寸

京都 大石天狗堂『本榧 柾目将棋盤』7寸

京都 大石天狗堂『本榧 柾目将棋盤』

※上記の写真は「7寸」です。また「駒台」は商品に含まれません。
 
 
樹齢数百年、乾燥数十年の正真正銘本榧材を使用した、
名盤中の名盤といわれる将棋盤。愛好家垂涎の最高級品。

 

家宝として子々孫々に残る至高の将棋盤

 

巨木を証明する美しい木目
巨木を証明する美しい木目
■プロ棋士が心血を注ぎ、全身全霊を打ち込んで戦う戦場、それが将棋盤です。2日制の対局であれば数キロも体重を減らすほどの真剣勝負であればこそ、将棋盤へのこだわり、要求は厳格です。盤と駒のほどよい吸着度と駒離れ、駒音、これらを総じて「指し味」といいます。タイトル戦などの前日、対局者同士は将棋盤の位置、高さ、光沢、反射具合、もちろん、駒、駒台のチェックを怠りません。

■タイトル戦などで使用する、トップ棋士なら誰しもが認め、望む将棋盤といえば本榧柾目です。
指し味はもちろん、重厚感、目の疲れない色艶、見た目の美しさを兼ね備えた至高の将棋盤、それが『本榧 柾目将棋盤』です。
 
■一流のプロ棋士でしか味わうことのできない、好事家垂涎の的であり、名盤中の名盤といわれるのが京都大石天狗堂『本榧将棋盤』です。美しい緻密な柾目の木味をみせる将棋盤を切り出すためには、原木は約3倍の幹の太さが求められ、しかも反りやねじれを防ぐため10年以上もの間寝かしつけ、乾燥の歳月を要します。榧材はきめが細かく緻密で美しい木目を持ちながら、重厚感と弾力があります。色合いは淡黄色で使い込むほど深い色艶を増し、特有の芳香を放ちます。

■環境保護の観点から本榧木材の将棋盤は、今後ますます入手が困難となる素材です。迫力の7寸盤、重厚感ある6寸盤、使い勝手の良い5寸盤、いずれも柾目美しい本榧の名盤揃いです。その価値を知り、その対価を惜しむことのない方にだけわかる至高の贅沢品といっても過言ではありません。将棋を嗜(たしな)む方はもちろん、それ自体が時とともに価値を高め、貴家に末永く伝わる家宝となります。
 
 

碁盤の最高級素材・本榧

碁盤の最高級素材・本榧

 

榧は、イチイ科の常緑針葉高木で樹齢は1000年にも及び、高さ25m、直径2m程度にまで育つ。成長速度は極めて遅く、碁盤・将棋盤づくりに適した幹直径1.1mほどになるには300年以上の歳月を要する。
日本では、数十年前までは宮崎県日向産が最高級素材とされてきたが、環境保護の観点から近年伐採が縮小され、現在は中国雲南省産が質的にも高い評価を得ているが、伐採禁止により原木の輸入が途絶えています。
 
柾目(写真右)

 
 
 
大石天狗堂
 
寛政12年(1800年)に京都で創業した、200年以上の歴史を有する囲碁・将棋用品とカルタの専門店。伝統を受け継いだ高い技術力で、ほかでは滅多に入手できない最高級の商品を世に送り出している。また、日本の文化と伝統に根ざしながらも新しい挑戦を続ける老舗企業として高い評価と知名度を誇る。
 
 

 

商品コード:HLW161
京都 大石天狗堂『本榧 柾目将棋盤』7寸
■素材:天然木(本榧)
■盤寸法(約):縦33.5×横36.5×全高31.5(盤の厚さ21)
■お届けは受注から約2ヵ月後。
■発送手数料は1点につき1,650円(税込)をお申し受けます。
税抜価格:¥750,000(税抜)
販売価格:¥825,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 50万以上
工芸品 > 将棋・囲碁
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ