ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>細見美術館公認 伊藤若冲『雪中雄鶏図』額装

細見美術館公認 伊藤若冲『雪中雄鶏図』額装

細見美術館公認伊藤若冲『雪中雄鶏図』軸装

 

冴えわたる若冲の観察眼と表現力

 

今にも動き出しそうなほど描き込まれた雄鶏
今にも動き出しそうなほど
描き込まれた雄鶏
■日本のみならず海外においても絶大な人気を誇る伊藤若冲。展覧会などでご覧になり、その圧倒的な画力に衝撃を受けた方もおられるでしょう。この度ご紹介する『雪中雄鶏図』は、若冲が「景和」と名乗っていた30代前半頃に描いたとされる初期の名作。後年、その名を世に轟かす、強烈な画風の萌芽を垣間みることのできる《若冲の原点》ともいうべき傑作です。
 
■自宅の庭に鶏を飼い、写生に没頭したという若冲の鋭い観察眼と表現力をご覧ください。羽毛の一枚一枚から、質感まで伝える赤い鶏冠や肉髯は美の極み。餌を探す動作、逆立てた漆黒の尾羽など臨場感ある描写は他の追随を許しません。雄鶏は五徳を表し、生命力の象徴である竹は、大雪に負けじと屈曲しながら伸びています。重みを感じさせる雪は豊作を、黄色の野菊は長寿を示した吉祥尽くしの作品です。
 
ルーム
 

繊細な筆運び、色彩まで徹底再現!

 
■本作は所蔵元である京都・細見美術館の公認作品。文化財保存に使用される最大1億3千万画素もの超高精細画像で複製。若冲の繊細な筆運び、色遣いまで余すところなく再現しました。今回は「軸装」と「額装」をご用意。お部屋で若冲の真髄を愛でつつ、天才絵師の画力を存分にご堪能ください。
 
 
細見美術館の認定書つき
 
 
江戸期の花鳥画の天才 伊藤若冲 略歴
 
 1716年、京都生まれ。10代半ばより絵を描き始め、狩野派や中国の宋元画の画法を独学で学ぶ。その後、庭に鶏を飼い写生すること数年、独自の写実的な技法を会得する。本作『雪中雄鶏図』はその賜物である。40歳で弟に家督を譲り本格的に絵師を志す。1758年、花鳥画の傑作「動植綵絵」に着手。10年近くをかけて完成させた30幅にもなる連作を、禅の真髄を学んだ京都・相国寺に寄進。85歳で大往生するまで絵画に没頭し、人生を捧げた。
 

 

商品コード:HMO16G
細見美術館公認 伊藤若冲『雪中雄鶏図』額装
■技法:アールプレシ(高精細)印刷(共通)
■本紙:和紙 (共通)
【軸装】
■軸装仕様:[表装]幢補三段表装[天地]木の葉文様[中廻し]唐花緞子[風帯・一文字]宝入二重蔓草花文金襴[軸先]花梨
■軸装画寸(約):縦82.4×横45㎝
■軸寸(約):縦175×横61.5㎝
【額装】
■額装仕様:木製黒縁額、ビロードマット、アクリル
■額装画寸(約):縦72×横39㎝
■額寸(約):縦89×横54×厚さ4㎝、重さ5㎏
■軸額ともに細見美術館の認定書つき
■お届けは受注から約1ヵ月半〜2ヵ月後。
■発送手数料は1点につき648円(税込)を申し受けます。
税抜価格:¥150,000(税抜)
販売価格:¥162,000(8%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
絵画 > 日本画
作家で探す > 伊藤若冲
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ