ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>泉健一郎 純金・純銀 『般若心経腕輪』

泉健一郎 純金・純銀 『般若心経腕輪』

般若心経腕輪

純金と純銀の輝きが豪華な≪江戸の粋≫あふれる、開運祈願の逸品


経文末尾に作家銘と純銀刻印

幸福とご加護を身近に願う名作

■貴方のお手元を華麗に演出する、粋で気品に満ちた純銀の輝き。そして、内側にきらりと光るのは贅沢な純金…。本作品『般若心経腕輪』は丹念に打ちのばした純金と純銀を一枚に組み合せ、さらに、厄難退散を願う般若心経(はんにゃしんぎょう)を純銀に精緻(せいち)に刻印した逸品です。
■わが国の銀細工の歴史は古く、皇室ゆかりの正倉院御物(しょうそういんぎょぶつ)にも銀細工品が残されているほど。日本独特の工芸美術として、銀細工は発展を遂げました。中でも特に、国から全国伝統的工芸品に指定される「東京銀器」は、江戸時代の技を受け継ぐことで名高く、その傑作の数々は愛好家の垂涎の的です。

裏面の純金にも経文を彫金

裏面の純金にも経文を彫金

純金製を証する刻印

 ■本作品『般若心経腕輪』は伝統の鍛金(たんきん)と彫金の技を駆使して手作りした、得がたい傑作。作者は300年の歴史を誇る「東京銀器」の技を今に守る伝統工芸士泉健一郎(いづみけんいちろう)氏。東京都知事賞、ワールドゴールドカウンシル賞など多数の受賞歴を誇り、日本彫金会会員、東京銀器工業協同組合理事などの要職を務める現代の名匠です。
■般若心経とは唱える者を加護し、開運隆盛を授けるという、御仏の教えの神髄を表すありがたいお経。この266字の経文を、なんと泉氏が総手彫りで持ち主の幸福を祈りつつ、自らの修業として一字一字原型を緻密(ちみつ)に彫り込みました。さらに、内側の純金にも、般若心経の冒頭10字を刻印するというこだわりようです。
■純金と純銀を鍛金した延べ板の、重厚さと豪華さを味わえる傑作。他人とは一味違ったお洒落が楽しめる腕輪や、いつでも御仏のご加護を祈念できるお守りとして、老若男女を問わずご愛用ください。
サイズはS・M・Lの3種類。作家直筆の箱書と落款入りの桐箱に納めてお届け。

一文字約2mmという細かさで彫り込まれた、266字もの般若心経。熟練の伝統工芸士による彫金技が冴える傑作。肌身離さずご愛用なれば、いつでも身近に御仏のご加護を祈念いただけます。

男女問わず

桐箱に納めてお届けいたします。
 

経文末尾

男女問わずに、純金と純銀の輝きがお手元を
格調高く飾る江戸の粋溢れる名品



 

新聞原稿はコチラ>>

商品コード:HBW57L3~HBW57S3
泉健一郎 純金・純銀 『般若心経腕輪』
※下記よりサイズを選択してください
■サイズ
S : 内周約12〜14cm
M : 内周約15〜17cm
L : 内周約18〜20cm
■桐箱に納めてお届けいたします。
■準伝統的工芸品
■お届けは受注から約2ヵ月後。
■発送手数料は1点につき別途660円(税込)をお申し受けます。

 
税抜価格:¥181,500(税抜)
販売価格:¥199,650(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
カテゴリで探す > 東京書芸館オリジナル
東京書芸館カタログ > 高野山開創1200年 記念号
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
宝飾品・小物 > 装飾品・アクセサリー
カテゴリで探す > 弘法大師空海
純金 > アクセサリー
工芸品 > アクセサリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
サイズ:
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ