ホーム>オンラインショップ>カテゴリで探す>東京書芸館オリジナル>妙泉陶房山本長左 九谷焼『青華鳳凰文金彩香炉 飛翔』

妙泉陶房山本長左 九谷焼『青華鳳凰文金彩香炉 飛翔』

天皇陛下御即位25周年 天皇皇后両陛下御成婚55周年 奉祝記念作品

本年は我が国にとって慶賀の年です。1959年(昭和34年)4月10日、日本中が歓喜した皇太子明仁親王殿下(現天皇陛下)と美智子様の「世紀の御成婚」から55年、そして天皇陛下は御即位25周年をお迎えになられました。時代の変化と共に皇位が継承され御世(みよ)が続くことは、全日本国民の無上の喜びであり誇りです。天皇陛下のご健勝は、日本の安寧と弥栄(いやさか)そのものといえます。
 日々、ご公務に追われながらもお優しい笑顔を絶やさず、共に歩まれる天皇皇后両陛下の御姿。いかなる時も人々に寄り添い、手を差し伸べてくださるお二人の献身的なお心遣いに深い安らぎを覚えます。
 
 私は皇室の御用を賜る九谷焼の職人として、この佳節を寿ぎ、日本の夜明けがいつまでも続くよう記念する『黎明』。
皇室、ひいては日本が幾星霜(いくせいそう)も繁栄することを願う『永遠』。
我が国が永遠に生きる不死鳥のごとく天翔(あまかけ)る『飛翔』の三作品を謹製いたしました。
両陛下のご健勝と日本のさらなる繁栄、ご尊家の家の隆盛を本作にご祈念いただきどうぞ末永くお飾りください。
 
妙泉陶房 山本長左

 
『青華鳳凰文金彩香炉飛翔』
 

永遠の弥栄を想起させる吉祥尽くしの縁起香炉


■天皇陛下が即位正殿の儀でご着用あそばされた黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)。天皇のみが第一礼装として着用できる御袍であり、そこには日本の冠たる桐(きり)・竹(たけ)・鳳凰(ほうおう)などの地文があります。元来「桐竹鳳凰」は公家階級の服装や調度、輿車(よしゃ)に用いられる有職文様であり、日本においてたいへん重要な伝統的文様。

本作『青華鳳凰文金彩香炉 飛翔』は皇室の弥栄(いやさか)、ひいては日本繁栄の願いを込め、桐竹鳳凰文があしらわれた香炉です。

 

■つまみ先端から脚先に至るまで吉祥文様が埋め尽くされた構図。金色の輝きを放ちながら天翔(あまかけ)るは永遠の生命の象徴たる雌雄(しゆう)の鳳凰(ほうおう)です。藍色(あいいろ)の濃淡のみで精緻な鱗(うろこ)までつぶさに描写。金彩・朱(しゅ)の鮮やかな色彩は神々しく、神鳥たる威厳を感じさせます。蓋(ふた)には皇室の御紋として名高い、桐と竹の文様。金彩で輪郭線を整え、高貴でありながらましやかな印象を与えます。背景を隙間無く埋めるのは、山本長左氏が繁栄の願いを込め独自に考案した「火焔水流文(かえんすいりゅうもん)」。始まりの象徴たる火炎と、止まることのない水流で、千代に繁栄するよう願いが込められています。

作者直筆箱書き入り桐箱に納めてお届けします。桐箱と木札に「奉祝記念作品」の文字が入ります。

作者直筆箱書き入り桐箱に納めてお届けします。
桐箱と木札に「奉祝記念作品」の文字が入ります。

■日本の力強さと慎ま しやかな精神をひとつの香炉として見事に昇華(しょうか)した、他では得られない稀なる逸品。長左氏をして「皇室調度品と遜色(そんしょく)ない」とまで 言わしめた稀代の名品です。弊社でしかご入手いただけないうえ、数も限られております。ぜひ、日本を愛するご尊家の家宝としてご愛蔵ください。

 

 

山本長左略歴


 

商品コード:S0599
妙泉陶房山本長左 九谷焼『青華鳳凰文金彩香炉 飛翔』
■素材:磁器
■寸法(約):最大径11.6×高さ14.2cm、重さ400g
■お届けは受注から約2ヵ月後。
■発送手数料は1点につき660円(税込)をお申し受けます。
税抜価格:¥230,000(税抜)
販売価格:¥253,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
カテゴリで探す > 東京書芸館オリジナル
価格帯で選ぶ > 20万以上30万未満
工芸品 > 磁器・陶器・ガラス・カップ
素材で探す > 九谷焼
工芸品 > 花瓶・壺・皿・盃
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ