ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>春画根付傑作八撰『女身顔(にょしんがお)』shunga

春画根付傑作八撰『女身顔(にょしんがお)』shunga

春画根付傑作八撰

※豪華特典もご用意しております。詳細はこちらをクリックしてください。

 

■2013年、イギリスの大英博物館が過去最高の入場者を集める歴史的科挙を成し遂げました。その中で異彩(いさい)を放ったのが「春画―日本美術における性とたしなみ」。同国の権威ある新聞社はこぞって絶賛。保守系高級紙・タイムズは「一言でいえば啓示的。荒ぶる人間の所作、ここに芸術の本質あり」と、最も有名なタブロイド紙・インディペンデントは「人類史上、最も素晴らしい芸術」という最大級の賛辞を贈りました。

■春画を愛する奔放な快楽図「春画」。 特に江戸時代には、葛飾北斎、鈴木春信、菱川師宣ほか、国宝級の作品を遺した浮世絵の大家が女陰礼賛(じょいんらいさん)を掲げ、数多くの作品を輩出しま した。今回ご紹介するのは細密牙彫刻の大家・朱忠盛氏が極上のマンモス牙を神業的彫技で彫り上げた『春画根付傑作八撰』です。美術史に名を刻む大江戸の性文化は巨匠の創作精神をかき立て、独自の世界観を持つ「根付」として結実しました。現在、日本人の作家は性文化 への規制から官能的な作品を自粛する傾向にあり、これほど艶やかな作品をご入手いただける機会はま限られています。

また、ロシアによるマンモス牙の輸出規制のため、これほどのお値打ち価格でお求めいただける機会は今回が最後かもしれません。2011年、ロンドンのボナムス 社のオークションで18世紀の作品が約3,200万円で落札されたほど、いま世界は根付ブームです。作品すべて作者銘入り、桐箱入り。さらに価値の上昇が 見込める逸品をこの機会にご所蔵ください。

 

偉人たちが愛した春画の歴史

朱忠盛氏 略歴


『女身顔(にょしんがお)』


寄せ絵に隠された無数の性戯

『女身顔』
■一見、極太摩羅(ごくぶとまら)を持つ大きな鼻をした好色男(こうしょくおとこ)の顔。しかし、よく覗き込めば、裸婦が全身をくねらせ、肌を合わせたり、秘部(ひぶ)に顔を埋める様子が目、鼻、口に表現されています。本作は歌川国芳(うたがわくによし)が得意とした「寄せ絵」に想を得た作品。「ト一八一(といちはいち)」という隠語(いんご)が逢瀬(おうせ)の符丁(ふちょう)に用いられたように、江戸時代、男性が許されていたのに対し、女性同士の性交は禁忌視(きんぎし)されていました。しかし、客を取れない遊女や大奥のお局たちは禁じられた欲望に抗(あらが)えず、互いに慰め合っていたと伝えられます。
 
■後頭部の帽子の淫靡(いんび)な描写も見事。彫り込まれているのは女性が大きく開脚し、渦潮の如く円を描く「鳴門(なると)」です。自ら子宮が串刺しになるような体勢を取り、激しく蠢(うごめ)く様子は満開の花が咲き乱れる朱色の地によく栄えます。また、襟足に溶け込み、頬杖をつく女性を正面の女性と対比させてください。これは「貝合わせ」の姿をさりげなく象った演出です。何人の女性が刻まれ、どのような性戯(せいぎ)にふけっているのか探すのも一興(いっきょう)。思わずお仲間に自慢したくなる伝統図に則(のっと)った傑作です。

 

後頭部には男女が絡み合う様子。襟足には頬杖をつく女性の姿も

後頭部には男女が絡み合う様子。
襟足には頬杖をつく女性の姿も

眉間には秘部に顔を埋める女性

眉間には秘部に顔を埋める女性

豪華特典

 


 

商品コード:S0607
春画根付傑作八撰『女身顔(にょしんがお)』shunga
■素材:マンモス牙
■寸法(約):高さ4×幅2.5×奥行3cm、重さ21g
高級飾り台、特製ルーペつき!
■発送手数料は1点につき660円(税込)を申し受けます。
■お届けは受注から約2ヵ月後。

 

税抜価格:¥180,000(税抜)
販売価格:¥198,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
工芸品 > 根付:netsuke
工芸品 > 春画:syunga
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ