ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>春画根付傑作八撰『美男三助の無償愛(びなんさんすけのむしょうあい)』shunga

春画根付傑作八撰『美男三助の無償愛(びなんさんすけのむしょうあい)』shunga

春画根付傑作八撰

※豪華特典もご用意しております。詳細はこちらをクリックしてください。

 

■2013年、イギリスの大英博物館が過去最高の入場者を集める歴史的科挙を成し遂げました。その中で異彩(いさい)を放ったのが「春画―日本美術における性とたしなみ」。同国の権威ある新聞社はこぞって絶賛。保守系高級紙・タイムズは「一言でいえば啓示的。荒ぶる人間の所作、ここに芸術の本質あり」と、最も有名な タブロイド紙・インディペンデントは「人類史上、最も素晴らしい芸術」という最大級の賛辞を贈りました。

■春画を愛する奔放な快楽図「春画」。 特に江戸時代には、葛飾北斎、鈴木春信、菱川師宣ほか、国宝級の作品を遺した浮世絵の大家が女陰礼賛(じょいんらいさん)を掲げ、数多くの作品を輩出しま した。今回ご紹介するのは細密牙彫刻の大家・朱忠盛氏が極上のマンモス牙を神業的彫技で彫り上げた『春画根付傑作八撰』です。美術史に名を刻む大江戸の性文化は巨匠の創作精神をかき立て、独自の世界観を持つ「根付」として結実しました。現在、日本人の作家は性文化 への規制から官能的な作品を自粛する傾向にあり、これほど艶やかな作品をご入手いただける機会はま限られています。

また、ロシアによるマンモス牙の輸出規制のため、これほどのお値打ち価格でお求めいただける機会は今回が最後かもしれません。2011年、ロンドンのボナムス社のオークションで18世紀の作品が約3,200万円で落札されたほど、いま世界は根付ブームです。作品すべて作者銘入り、桐箱入り。さらに価値の上昇が 見込める逸品をこの機会にご所蔵ください。

偉人たちが愛した春画の歴史

朱忠盛氏 略歴


『美男三助の無償愛(びなんさんすけのむしょうあい)』


尽くしてこそ男の美学

『美男三助の無償愛』
■銭湯が一般的になった元禄期(げんろくき)。柘榴口(ざくろぐち)という男女別々の入口をくぐれば、そこは混浴でした。生来、下町の江戸娘たちの気性は激しく、尻や陰部を触られると「握りつぶすぞ」と男性をどやしつけたといわれますが、狼藉(ろうぜき)をはたらく者は後を絶ちません。そこで、幕府は「男女混浴禁止令」を発令します。しかし、客が激減した湯屋は解除を求め、たちまち元に戻ってしまうのです。
 
■そこで活躍するのが、自制心(じせいしん)を持って垢すりや髪すきを行う「三助」でした。本作は人気者の美男と指名した女性の様子を表現した作品です。性交渉の場としての銭湯を舞台にした作品を多数、描いた歌川国貞(うたがわくにさだ)は「泉湯新話(せんとうしんわ)」でこのような三助の優しい台詞を添えています。「板の間で痛くて悪いから、おれが下になるから、こうして、おめえ、上になりな」。当時、彼らは望まれるがままに巧みな性技を駆使して入浴中にあらゆる性感帯に愛撫(あいぶ)を施し、時に恋心を抱かれた相手には種を授けたといわれます。
 
■板目が細やかに刻まれた戸棚風呂の中で、しなやかな手先で脚をほぐしながら、女性の満足げな表情をうかがう三助。本作は彼らの生きざまと美学そのものです。奉仕(ほうし)し、相手の恍惚から得られる男の真の喜び。艶やかなマンモス牙を磨き上げた女性の柔肌(やわはだ)が火照(ほて)っているように感じられるのは、尽くされる無償の愛を存分に享受(きょうじゅ)しているからに違いありません。

 

豊満な乳房まで細やかに表現

豊満な乳房まで細やかに表現

尽くされる喜びを隠せない女性の表情

尽くされる喜びを隠せない女性の表情

満足げな表情で女性の脚をほぐす三助

満足げな表情で女性の脚をほぐす三助

豪華特典

 


 

商品コード:S0608
春画根付傑作八撰『美男三助の無償愛(びなんさんすけのむしょうあい)』shunga
■素材:マンモス牙
■寸法(約):高さ3.5×幅3.5×奥行2.5cm、重さ14g
高級飾り台、特製ルーペつき!
■発送手数料は1点につき660円(税込)を申し受けます。
■お届けは受注から約2ヵ月後。

 

税抜価格:¥120,000(税抜)
販売価格:¥132,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
工芸品 > 根付:netsuke
工芸品 > 春画:syunga
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ