ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>春画根付傑作八撰『色狂僧侶の目覚め(いろぐるいそうりょのめざめ)』shunga

春画根付傑作八撰『色狂僧侶の目覚め(いろぐるいそうりょのめざめ)』shunga

春画根付傑作八撰

※豪華特典もご用意しております。詳細はこちらをクリックしてください。

 

■2013年、イギリスの大英博物館が過去最高の入場者を集める歴史的科挙を成し遂げました。その中で異彩(いさい)を放ったのが「春画―日本美術における性とたしなみ」。同国の権威ある新聞社はこぞって絶賛。保守系高級紙・タイムズは「一言でいえば啓示的。荒ぶる人間の所作、ここに芸術の本質あり」と、最も有名な タブロイド紙・インディペンデントは「人類史上、最も素晴らしい芸術」という最大級の賛辞を贈りました。

■春画を愛する奔放な快楽図「春画」。 特に江戸時代には、葛飾北斎、鈴木春信、菱川師宣ほか、国宝級の作品を遺した浮世絵の大家が女陰礼賛(じょいんらいさん)を掲げ、数多くの作品を輩出しま した。今回ご紹介するのは細密牙彫刻の大家・朱忠盛氏が極上のマンモス牙を神業的彫技で彫り上げた『春画根付傑作八撰』です。美術史に名を刻む大江戸の性文化は巨匠の創作精神をかき立て、独自の世界観を持つ「根付」として結実しました。現在、日本人の作家は性文化への規制から官能的な作品を自粛する傾向にあり、これほど艶やかな作品をご入手いただける機会はま限られています。

また、ロシアによるマンモス牙の輸出規制のため、これほどのお値打ち価格でお求めいただける機会は今回が最後かもしれません。2011年、ロンドンのボナムス社のオークションで18世紀の作品が約3,200万円で落札されたほど、いま世界は根付ブームです。作品すべて作者銘入り、桐箱入り。さらに価値の上昇が 見込める逸品をこの機会にご所蔵ください。

偉人たちが愛した春画の歴史

朱忠盛氏 略歴


『色狂僧侶の目覚め(いろぐるいそうりょのめざめ)』


精気凛々、薔薇色の人生

『色狂僧侶の目覚め』
■夜の読経(どきょう)をそこそこに切り上げ、快眠から目覚めた僧侶。すると、昨日まで言うことを聞いてくれなかった愚息(ぐそく)が池の鯉のように元気を取り戻しています。これは夢でもなければ、尿意でもない。そうとくれば、張型ばかり使って、愛想を尽かされかけている尼僧(にそう)のもとに駆けつけることにするか。あやつも先立たれた亭主の雁(かり)の味が未だに忘れられぬと言っておったではないか。「もう堪らぬ。今夜は抜かずに堪能させておくれ」。こんな言葉を久々に聞けるかも知れない。
 
■寛永(かんえい)の三筆(さんぴつ)に数えられる江戸初期の大芸術家・本阿弥光悦(ほなみこうえつ)は「袋法師絵詞(ふくろほうしえことば)」の中で助平僧侶(すけべいそうりょ)の絵物語を綴(つづ)っています。当時の尼僧は京のはるか西の尼寺に住む貴族の未亡人が多く、そこへたどり着くには獣道と激流の川が待ち受ける険しい道のりが待ち受けていました。それでも、目的に向かう強靭(きょうじん)で揺るぎない精神力。禿頭(とくとう)の男性はいつまでも精気にみなぎっていたということなのかもしれません。
 
■さて、いざ尼寺に着くや「法師(ほうし)、少しもいとわずして舌を差し入れ、ひなさきのしもざまをねぶりまわせば、上の方からはせ出す汁、鼻の穴に入る…」。御仏よ、許したまえ。何故ならば、時を大きく隔て、彼は少子高齢化社会の現代人に大いなる勇気を教えてくれているのです。ただ、尼僧が満足したかどうかは不明ですが。

 

仰天するユーモラスな表情と立ち姿

仰天するユーモラスな表情と立ち姿

豪華特典

 


 

商品コード:S0609
春画根付傑作八撰『色狂僧侶の目覚め(いろぐるいそうりょのめざめ)』shunga
■素材:マンモス牙
■寸法(約):高さ6×幅2.5×奥行2cm、重さ11g
高級飾り台、特製ルーペつき!
■発送手数料は1点につき660円(税込)を申し受けます。
■お届けは受注から約2ヵ月後。

 

税抜価格:¥120,000(税抜)
販売価格:¥132,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
工芸品 > 根付:netsuke
工芸品 > 春画:syunga
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ