ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>春画根付傑作八撰『深山子宮刺し(みやましきゅうざし)』shunga

春画根付傑作八撰『深山子宮刺し(みやましきゅうざし)』shunga

春画根付傑作八撰

※豪華特典もご用意しております。詳細はこちらをクリックしてください。

 

■2013年、イギリスの大英博物館が過去最高の入場者を集める歴史的科挙を成し遂げました。その中で異彩(いさい)を放ったのが「春画―日本美術における性とたしなみ」。同国の権威ある新聞社はこぞって絶賛。保守系高級紙・タイムズは「一言でいえば啓示的。荒ぶる人間の所作、ここに芸術の本質あり」と、最も有名な タブロイド紙・インディペンデントは「人類史上、最も素晴らしい芸術」という最大級の賛辞を贈りました。

■春画を愛する奔放な快楽図「春画」。 特に江戸時代には、葛飾北斎、鈴木春信、菱川師宣ほか、国宝級の作品を遺した浮世絵の大家が女陰礼賛(じょいんらいさん)を掲げ、数多くの作品を輩出しま した。今回ご紹介するのは細密牙彫刻の大家・朱忠盛氏が極上のマンモス牙を神業的彫技で彫り上げた『春画根付傑作八撰』です。美術史に名を刻む大江戸の性文化は巨匠の創作精神をかき立て、独自の世界観を持つ「根付」として結実しました。現在、日本人の作家は性文化への規制から官能的な作品を自粛する傾向にあり、これほど艶やかな作品をご入手いただける機会はま限られています。

また、ロシアによるマンモス牙の輸出規制のため、これほどのお値打ち価格でお求めいただける機会は今回が最後かもしれません。2011年、ロンドンのボナムス社のオークションで18世紀の作品が約3,200万円で落札されたほど、いま世界は根付ブームです。作品すべて作者銘入り、桐箱入り。さらに価値の上昇が 見込める逸品をこの機会にご所蔵ください。

偉人たちが愛した春画の歴史

朱忠盛氏 略歴


『深山子宮刺し(みやましきゅうざし)』


写実を極めた悦楽の美

『深山子宮刺し』
■享保(きょうほう)から天明期(てんめいき)、円山応挙(まるやまおうきょ)らと時代をともにし、写実の頂点を極めた人物が存在しました。その名は月岡雪鼎(つきおかせってい)。帯、張型などを用いた戯(たわむ)れや、技巧を凝らした性技へ果敢(かかん)に挑(いど)み、亀頭部の突起や赤貝にも似た女陰を克明に表現することによって、圧倒的な快楽絵巻を実現したのです。そして、この雪鼎がこだわりを持ったのが「春宵秘戯図(はるよいひぎず)」などに描かれた「深山(みやま)」。女性の脚を開脚させてき、器用な指技で乳頭や開(ぼぼ)をなぶるのです。
 
■本作は偉大なる雪鼎への敬意に満ちた作品。切れ長の目をした美男の冷静な表情と、もだえ、あえぐ女性の対比は鬼才(きさい)の芸術力そのまま。また、着物の美しい色彩と柄にもこだわりが見られます。雪鼎は美人画や花鳥図にも功績を遺しており、春画においてはすべてを脱がさない美学を持っていました。本作がなまめかしい陰靡(いんび)さを感じさせるのは、この美意識をしているからです。
 
■雪鼎の春画は悦楽の美とも称されます。それは女性が絶叫を耐え切れず、枕や布団を鷲掴(わしづか)みにする様子が由来となっています。本作の女性の両手をご覧ください。男性を引き寄せるように思わず着物を握りしめる姿が表現されています。写実主義という言葉が生まれる前に実現されたリアリズム。本作はその賛辞(さんじ)でもあるのです。
たくしあげられた男性の着物のシワまで繊細に彫刻

たくしあげられた男性の着物のシワまで繊細に彫刻

豪華特典

 


 

商品コード:S0611
春画根付傑作八撰『深山子宮刺し(みやましきゅうざし)』shunga
■素材:マンモス牙
■寸法(約):高さ2.5×幅4.5×奥行2.5cm、重さ16g
高級飾り台、特製ルーペつき!
■発送手数料は1点につき660円(税込)を申し受けます。
■お届けは受注から約2ヵ月後。

 

税抜価格:¥180,000(税抜)
販売価格:¥198,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
工芸品 > 根付:netsuke
工芸品 > 春画:syunga
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ