ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>50万以上>土渕善亜貴 『曜変天目茶垸』

土渕善亜貴 『曜変天目茶垸』

 

無限の星がきらめく銀河か、可憐な花々が咲き乱れる大自然の夜空か—。
これぞ、いま大注目の三菱財閥が所持する国宝に迫る奇跡の傑作です!

 

飽くなき執念が生んだ奇跡の歴史的快挙

■三菱財閥の静嘉堂文庫美術館の移転に伴い、世界に3点しか存在しない国宝・曜変天目も新天地でのお披露目が決定。織田信長らが愛した至宝に注目が集まっています。そして、この陶芸史上、最大の謎を解明・再現した現代の偉才が京焼の窯元である陶葊の四代目当主・土渕善亜貴氏にほかなりません。経済産業大臣賞等の栄誉に浴し、東福寺に作品を奉納した実績者と聞けば『曜変天目茶垸』が正真正銘の本物だとご納得いただけるはずです。

■その美しさたるや、幾星霜を煌めき続ける星に彩られた銀河か、可憐な花々が咲き乱れる大自然の夜空か。漆黒の見込みに広がる斑紋が織りなす世界には角度によって、紫、青、黄、銀、瑠璃などに変化する光彩が現れます。この歴史的快挙は三千から四千の釉薬の調合と焼成方法を試みることでようやく実現したのです。

 「窯の微妙な環境の違いで曜変は奇跡的に起こる。そのため、焼成温度や酸素濃度を変えられる窯を三基、常に稼働させ、制作している」

 

五百以上焼き上げても成功はわずか1、2点!
その中から土渕氏が厳選した極上品のみをお届けします!

■五百以上焼き上げても、成功はわずか1点か2点。今回ご所蔵いただける貴方様は国宝に迫る大奇跡を手中に収めると言っても過言ではありません。次回のご案内は未定ですので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

 

垸内の銀河を愛でながら、召し上がるお茶の味は格別!
鉛を一切用いておらず、実際にご愛用いただけます。

 



陶葊四代目当主 土渕善亜貴(どぶち よしあき) 略歴


 昭和55年生まれ。同志社大学文学部美術及び芸術学専攻。卒業後、先代の父である善英氏に師事。平成22年、陶葊四代目当主になる。平成30年、曜変天目を完成。翌年、京都東福寺に曜変天目を奉納、また、経済産業大臣賞受賞。その作品はMIHO MUSEUMなどにも収蔵されている。いま最も注目されるまさしく陶芸界の革命児である。

 

新聞掲載広告はコチラ>>

商品コード:HRF69
土渕善亜貴 『曜変天目茶垸』
■素材:陶磁器
■寸法(約):高さ7×直径12.3cm、重さ600g
■龍村織の高級仕覆および隅柱付き、箱書き入り二重箱付き
■お届けに約3ヵ月。
※写真は光を当てて撮影しています。
■発送手数料は1点につき別途660円(税込)をお申し受けます。
■限定3点
税抜価格:¥1,000,000(税抜)
販売価格:¥1,100,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 50万以上
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
東京書芸館カタログ > 芸術礼讃 第13号
カテゴリで探す > おすすめ商品 > 桃山時代 茶器
東京書芸館カタログ > しょげい倶楽部 特選号 2021
東京書芸館カタログ > 国宝展 第2号
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ