ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>5万以上10万未満>揚鴻港 絹本肉筆掛軸『猛虎対峙図』二幅一組

揚鴻港 絹本肉筆掛軸『猛虎対峙図』二幅一組

威風堂々たる雄姿に美しい毛並み。
肉筆だからこそ描ける大迫力の猛虎に、思わず息をのむ
縦180㎝の双幅掛軸。

 

迫力満点、色鮮やかな猛虎が眼前で躍動!

■すれ違いざまに振り向き、目と目が合ったその瞬間――。鋭い眼光で威嚇の表情を浮かべ、牙をむき出し、咆哮をあげて対峙した二頭の虎。物語性を感じさせる圧巻の構図はあまりにも写実的で、生きているのかと見まがうほどの迫力に満ちています。

■『猛虎対峙図』は中国で優れた画才を持つ者にのみ与えられる「工筆王者」の称号を有し、虎を描かせたら右に出る者はいないと評される画家・楊鴻港氏による大傑作。すべて肉筆により一筆一筆、色鮮やかに描かれる虎は、今にも動き出しそうな臨場感にあふれています。虎特有の縞模様やピンと張った髭、全身を包み込む美しい橙色の毛並みは、一本一本柔らかい質感まで伝わってくるほどです。墨を基調とした背景に、岩をも砕く爪を立て、どっしりと身構える雄姿も見事というほかありません。厳しい大自然の中を生き抜く、勇猛さに満ちあふれた精緻巧妙な描写は、長年に渡って虎を描き続けてきた楊氏が成せる結晶といえるでしょう。

 

■四方から忍び寄る厄難を全て退けるような眼をもつ守護獣・虎。森の王者として風格ある掛軸が大切なご家族を見守ります。厄除けや家内安全を願う縁起飾りとして季節を問わずお飾りください。今回は猛虎図の権威が肉筆で描き上げた二幅一組を6万6000円という破格のお値段でお届け。20点限りの先着順となりますので、くれぐれもお見逃しないようお願いします。

 

猛虎図の権威 楊鴻港 略歴
 1949年、中国広西省桂林市生まれ。幼い頃から芸術を好み、特に伝統的な工筆画に深く関心を持つ。1992年頃から数多くの作品を発表し、国家級絵画展に何度も参加して受賞を重ねる。1996年には「国際絵画芸術名人」の栄誉称号が授与され、「工筆王者」と讃えられる。現在、中国画研究会の一級工筆画師。虎を描かせたら右に出るものはいないと評され、猛虎図の権威として活躍の幅を広げている。

 新聞原稿はコチラ>>

別売りで白瑪瑙風鎮をご用意しております>>
 

商品コード:HQS05
揚鴻港 絹本肉筆掛軸『猛虎対峙図』二幅一組

【2作共通】
■技法:肉筆画 ■素材:絹本、画神紙、木製
■寸法(約):[画寸]縦130×横63cm[軸寸]縦180×横81cm
■化粧箱入り

■お届けは受注から約2~3ヵ月後。
■発送手数料は1点につき660円(税込)をお申し受けます。

■限定10
※肉筆画のため、一点一点、筆致や色彩などが若干異なることをご了承ください。

税抜価格:¥60,000(税抜)
販売価格:¥66,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 5万以上10万未満
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
絵画 > 掛軸
東京書芸館カタログ > しょげい倶楽部 特選号 2021
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品を購入した人はこんな商品も購入しています

¥3,300 (税込)

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ