ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>20万以上30万未満>緑檀 御利益無限『満願十三仏』特大

緑檀 御利益無限『満願十三仏』特大


 

木の宝石と讃えられる銘木・緑檀を
一木彫りで彫り上げた尊崇なお姿の十三仏。
十三尊一体となってご尊家に無尽蔵のご利益を
お授けくださる麗しき名像。


どうぞ十三仏を前に拝してみてください。
温かいお言葉が返ってくるに違いありません

眼前に降臨されたような存在感ある十三仏

■満願成就を願い、13尊もの御仏が来迎雲(らいごううん)に乗って、私たちのもとに降臨された十三仏。十三仏とは室町時代に成立した日本独自の信仰であり、当時人気を集めていた御仏を習合(しゅうごう)させたものです。例えば、極楽浄土の教主・阿弥陀如来、病気平癒の薬師如来、満願の願いを叶える観音菩薩、邪気や煩悩を焼き尽くす不動明王、子を守り安産を願う地蔵菩薩などが含まれており、いわば日本人の祈りが生んだ〝仏様のオールスター〞。このため十三仏は無尽蔵の法力をそなえ、無限のご利益を授けてくださるとして、宗派を問わず信仰されてきました

■また、十三仏は初七日から三十三回忌まで大切な法要を司る重要なご本尊でもあります。ご遺族が回忌ごとに法要を営むことで、ご故人様を極楽往生できるように祈念するのです。このように故人のご供養を大切にする家庭は、仏様やご先祖さまのご加護に支えられ、家運隆盛・家族円満・家内安全など良い運気が入り、家が栄えるとされてきました。さらに十三仏のうち八尊は干支の守護仏として名を連ねていることから、ご家族・ご親族・ご友人など大切な方お一人一人のご本尊となられ、日々お守りくださいます。


緑檀から浮き出るように彫刻された、温かみ
あるご尊像のお姿に感動が込み上げます

木の宝石に刻まれた御仏の崇高なお姿に感動!

■御利益無限『満願十三仏』は、すべての御仏を集結させる大日如来を中心とし、12尊もの御仏が来迎雲に乗って降臨した大傑作です。大日如来の下には仏像の元祖ともいうべき釈迦如来。そこから時計回りに文殊菩薩普賢菩薩薬師如来観音菩薩阿閦如来虚空蔵菩薩阿弥陀如来勢至菩薩弥勒菩薩地蔵菩薩不動明王が威風堂々と佇みます。無限のご利益を授けんがため、宗派を超えた御仏が一堂に集う諸尊像。いずれも尊崇なお姿で表され、霊験あらたかな雰囲気を充満させています。


薬師如来の左手には万病に効く
薬の入った薬壺

■この素晴らしい十三仏を彫り上げたのは、若干20歳にして工芸美術師の称号を獲得し、この道20年以上の熟練職人、鄭剣委(てい けん い)氏。ワシントン条約で輸出が制限されている緑檀を用い、祈りを込めて総手彫りしました。時とともに緑色を濃くすることから「木の宝石」と称される緑檀は、繊維が硬く、彫刻が極めて難しいとされる素材。それを思いのまま彫り上げる技術は、もはや神の領域というほかありません。

■御仏たちの慈愛に満ちたご尊顔。忿怒の表情を浮かべる不動明王も見事です。優雅に流れる衣の襞、大日如来と諸菩薩が被る宝冠や細部の装飾、地蔵菩薩の錫杖や薬師如来の薬壺などの持物に至るまで、木彫の限界を超えています。背後の光背や御仏が座す蓮華座の彫りも実に細やか。緑檀の形状や木目、色合いを見極めて、十三仏全体のバランスを考慮した上での一木彫りを実現しました。


別売にて専用ガラスケースを
ご用意いたしました。あわせて
お求めください。

■また諸仏の下には、波濤にもまれる赤水晶宝珠がきらめきます。ご存知の通り、宝珠はすべての願いを叶える満願成就の象徴。特に、深紅に輝くものは邪気や病魔を祓い、その場を浄化させるといわれます。さらに赤水晶の下には願いを書いた紙を収められる夢叶え筒があります。緑檀に赤水晶という法力に満ちた名像を拝する喜びはひとしおです。

ご尊家に安寧と隆盛を授ける壮麗な緑檀彫刻

■集いし御仏の絶大なご利益をご実感いただける本作。今回は目の前に十三仏が顕現したような、堂々たる存在感を放つ高さ70㎝の「特大」と、玄関、リビングにも飾りやすい50㎝の「」をご用意しました。これほど壮麗な緑檀彫刻でありながら、お値打ち価格でお届けできるのは弊社ならでは

他社様では一切お求めいただけません。ご故人様の供養に限らず、ご家族の健康や安全、家運隆盛を願う守護仏として末永くお祀りください。もちろん仏教美術作品としてのご所蔵もお勧め。このまたとない機会をお見逃しないようお願いします。各限定20

背面には仏様の深遠な教えが宿る「般若心経」を克明に謹刻!

 人々を様々な苦しみから救う般若心経。玄奘三蔵が翻訳し、仏教の真理が集約されたありがたいお言葉です。全266文字と題名「般若波羅蜜心経」はすべて留め、撥ね、払いまで、一字一句、緻密に刻み込まれています。その荘厳さは名刹の石碑そのもの。眺めているだけで尊い仏心が自ずと込み上げてくることでしょう。

ほのかな薫香を漂わせ、緑色を深める輸出制限がなされた稀少銘木


木肌や木目も優美な緑色を帯びている銘木。
時を経ると深い緑色に色を濃くしていく木肌。

木の宝石・緑檀

 緑檀はワシントン条約により輸出が制限されるほどの稀少な銘木。仏像によく用いられる檀木と同じように、ほのかな芳香を放ち、地球上に存在する樹木の中でも最も重い木として知られています。その最大の魅力は時が経つにつれて、褐色から濃緑色へと、美しい色に変化していくところにあります。このため、緑檀は古くから「木の宝石」と讃えられてきました。また、かつて西洋人は緑檀の樹液が万病を癒すと信じ「生命の木」と名付けたほか、ドイツの名門フッガー家は西洋に輸入し、巨万の富を築いたことから「成功の木」としても珍重。さらに東洋では念珠に用いられ、王族や高僧は安寧を祈願しました。

 このように世界各地で多用されている緑檀ですが、繊維が密に詰まっていることから生長が遅く、産出量は極めて限られています。近年では乱伐や地球環境の変化から、稀少性が劇的に増し、高値で取引されているほど入手困難になっています。

 


炎のように揺らめく赤水晶で邪気も病魔も退散
■筒寸法(約):直径1.5×深さ4cm
■願い札付き(特大、大 共通)

 

満願成就の象徴 赤水晶宝珠

 深紅に燃え上がるようにきらめく赤水晶の如意宝珠。宝珠はすべての願いを想いのままに叶えるとされる満願成就の象徴です。特に赤い水晶は、あらゆる邪気や病魔を祓い去り、空間を浄化させるとして信仰され、近代以降はパワーストーンとして絶大な人気を誇ります。また、水晶自体も「仏教の七宝」の一つに数えられるように清浄の証とされ、仏像の眉間にある白毫や、大仏師運慶が仏像の目に嵌め込んだ玉眼のほか、装飾に用いられる水晶玉、仏像の内部に納められる五輪塔にも水晶が用いられています。


赤水晶宝珠を安置する波濤部分には、お経や願い事を書いた紙、印仏などを納める穴がございます。大願成就の願いを込めてお納めください。


作者銘入り

仏教彫刻を極めた偉才 工芸美術師 鄭剣委(てい けん い) 略歴

 1985年、中国福建省莆田市生まれ。木彫に従事する家庭環境のもと、幼少の頃より彫刻に慣れ親しむ。10代の頃から熟練彫刻師に師事、20年以上の彫刻経験を積み重ねる。緑檀・紫檀・花梨など硬質な木材を用いて彫刻することを得意とし、特に仏像や人物などの作品は右に出るものがいないと品評会から高く評価される。中国国内外の展覧会において数々の賞を受賞したことにより、2005年には若干20歳にして工芸美術師の栄誉称号に浴す。現代の木彫界における最も注目される彫刻家のひとりである。

御利益無限『十三仏』大のご購入はコチラ>>
別売、専用ガラスケースのご購入はコチラ>>

新聞原稿はコチラ>>

NEW
商品コード:S1055
緑檀 御利益無限『満願十三仏』特大

■素材:[本体]緑檀、[宝珠]赤水晶(溶練)
■寸法(約):高さ70×幅33×奥行16cm、重さ15kg
■宝珠寸法(約):直径6cm、重さ350g
■お届けは受注から約3~8週間後。
■発送手数料は1点につき4,400円(税込)を申し受けます。

※いずれも天然木を総手彫りで彫り上げるため、一点一点、大きさ、重量、形状、色合い、彫り、木目などが異なります。

税抜価格:¥250,000(税抜)
販売価格:¥275,000(10%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 20万以上30万未満
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
仏教美術 > 仏像:butsuzou
素材で探す > 緑檀
仏教美術 > 仏像:butsuzou > 大日如来
仏教美術 > 仏像:butsuzou > 不動明王
仏教美術 > 仏像:butsuzou > 聖観音
仏教美術 > 仏像:butsuzou > 阿弥陀如来
仏教美術 > 仏像:butsuzou > 釈迦如来
東京書芸館カタログ > 弘法大師 特選作品
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ