ホーム>オンラインショップ>価格帯で選ぶ>10万以上20万未満>エミール・ガレ『水辺の蜻蛉』筒型ランプ

エミール・ガレ『水辺の蜻蛉』筒型ランプ

エミール・ガレ没後110周年記念作品

ルーマニア大使館推薦『水辺の蜻蛉』筒型ランプ

リビングや寝室など、どこにでも飾りやすい大きさです。
夕焼けのようなオレンジ色の光に包まれる温もりをお楽しみください。

 

 

洗練された芸術性とガラス工芸の妙技。
光と色の魔術師・ガレの詩情豊かな傑作!
 
 
灯りを消しても、風情豊かな水辺を演出
灯りを消しても、
風情豊かな水辺を演出
郷愁の世界へと誘うガレの美意識
 
■ガラス工芸を芸術の域にまで高めたアール・ヌーヴォーの巨匠 エミール・ガレ。気高くも美しい作品の数々は今なお多くの人々を魅了してやみません。30年以上におよぶ芸術家人生において、ジャポニズムを取り入れ、日本の原風景を題材にした情感漂う作品を数多く遺しました。
 
■本作『水辺の蜻蛉』筒型ランプも叙情あふれる作品。水面上を軽やかに飛び交う薄い藍色の蜻蛉。群青色の濃淡で表された湖面に、紺琉璃色の菖蒲や睡蓮などの花々が華麗に咲き誇ります。
 
ガラスの輝きの中に、大自然に息づく草花や昆虫を封じ込めたような情景に感嘆せずにはいられません。灯りをともせば、オレンジ色の幻想的な光がお部屋を包み込み、郷愁の世界へ誘います。
ガレの手法を駆使した価値ある逸品
 
■「被せガラス」は色ガラスを幾層も重ね合わせて立体感を生むガレを象徴する技法。ガラスの重ね具合や厚さ、組み合わせにより唯一無二の作品が完成します。また、特殊な液体で腐食させ模様を浮き出す「エッチング」、ガラス表面を削る「グラヴェール」など当時の技法を駆使。すべて熟練職人による手作業でガレの優雅な世界観を実現しました。さらに金色のアール・ヌーヴォー調の台座が作品の魅力を際立てます。
 
■ルーマニアはガレの美と技を継承する多くのガラス職人が移住し、工房を発展させた歴史があります。本作はその「tipガレ工房」が没後110周年を記念して創作。ルーマニア大使館の推薦もいただいた価値ある真正作品です。ガレの美意識を余すところなく再現した傑作をご愛蔵ください。
 
 
被せガラスにより草花の花脈まで立体的に表現。自然に息づく生命に躍動感を与えています
被せガラスにより草花の花脈まで立体的に表現。
自然に息づく生命に躍動感を与えています。
エミール・ガレの銘入り
エミール・ガレの銘入り
 
 
TIP ガレ
 
TIPガレ
 フランス・ナンシー工房の閉鎖後、当時責任者だったイタリア人のモンテッシーを中心に熟練のクラフトマン200人余りが、ルーマニアの王室のまねきにより移り住み、ガレ工房の技術や伝統を多くの弟子たちに伝承しました。「TIPガレ」はガレ工房の作品をもとにルーマニアで製作され、オランダハーグ国際裁判所の公認を得ています。
エミール・ガレ 略歴
 
 1846年フランスのロレーヌ地方、ナンシー生まれ。父はガラス・陶器の卸売業者。19世紀後半から20世紀初頭の美術運動「アール・ヌーヴォー」の代表的な作家。植物学や園芸に造詣の深いガレは、パリで見た日本の美術工芸に新鮮な衝撃を受け、ガラス工芸、陶芸などに植物や昆虫をモチーフとした独自の世界観を築く。1878年よりパリ万国博覧会に出品し、1889年、1900年にグランプリ受賞。1904年逝去、享年58。

 

 

ルーマニア大使館  ラドゥ・シェルバン大使推薦
ルーマニア大使館  ラドゥ・シェルバン前大使
 
  この度はルーマニア特選品 ガレ (tip) コレクションの素晴らしさを日本の皆様にご紹介できることを光栄に思います。この作品はルーマニアの熟練職人の手仕事により、一点一点丹念に制作され、高 い品質と美しさを誇る作品です。ガレの世界観を通じ、ルーマニアの伝統と文化を身近にご実感いただければ幸いに存じます。

 

商品コード:HLH107
エミール・ガレ『水辺の蜻蛉』筒型ランプ
※手作業で制作しているため、一点一点、模様や色合いが若干異なります。
■素材:被せガラス、台座は金属製
■寸法(約) : 高さ24×直径8㎝、重さ900g、コード長さ2.4m
■電球・コード・ソケット(日本製)
■豆電球(5W)
■お届けは受注から約2ヵ月後。
■発送手数料は1点につき648円(税込)を申し受けます。
税抜価格:¥180,000(税抜)
販売価格:¥194,400(8%税込)
ポイント:0Pt
関連カテゴリ:
価格帯で選ぶ > 10万以上20万未満
カテゴリで探す > 新聞・雑誌掲載作品
工芸品 > 海外の工芸品
宝飾品・小物 > ランプ・照明
このエントリーをはてなブックマークに追加
数量:
カゴに入れる
問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
ページ上部へ